岐阜市内の金公園(こがねこうえん、キムコウエンではない)で静態保存されていた「丸窓電車」ことモ510形・513号車が岐阜駅北口広場に引越しした。それがただの引っ越しではなかった!
去る16日の白昼堂々、パレードという形で駅前広場に搬入されたのであった。ボディも下回りも塗装も綺麗に直された状態で、一寸した装飾まで施されて観衆の見守る中で駅前広場入りしたのであった。(この日は某・沢〇〇リカが捕まった日なのだが…
普通こういう物の陸送は交通量の少なく規制のしやすい深夜帯に行う事も多いのだが、岐阜駅周辺には住宅も多く人口密集地でもあるので夜間の陸送も問題があったのであろう。修繕の終った同車は11月4日に金公園に一旦戻ってお披露目された模様で、それから半月も経たずに駅前に引っ越した事になる。


mt513@gif01n

実はこの513号車、今年3月に岐阜市の重要文化財に指定されていたのである。
駅前広場完成10周年を記念したイベントの一環という事もあり、移設もパレードとして行ったらしい。
台車以外と台車が2台のトレーラーに分乗する形で移動して、広場内で又合体させた模様である。514号車擬きに扮したマイクロバスが先導していたのには草生えるが、各務原市にある岩戸工業が改造した谷汲山参道らくらくバス(原則高齢者専用らしい)がゲストに来たという事らしい。


その模様が撮影された動画がこちらのようつべであるから宜しければ参照されたい


mt513@gif02n

更にこのパレード、宴会?のオマケ付きだった。「岐阜の地酒で乾杯」と「岐阜ワインフェスタ」のコラボ企画で「岐阜駅前広場10周年に乾杯」というイベント。岐阜周辺で作られている100種類以上の酒と一寸した食べ物等が楽しめるというものだったらしい。
これと同じく16日なのだが、5ヵ月ぶりとなるミュージックレインボーが草加駅前ではなく南越谷駅前にあるサンシティ越谷の中庭で開催されて、朱里乃(じゅりの)嬢、ゆきこhr 嬢、小出美里 嬢が出演していたので当然の如く足を運んでいた小生だった。
しか~し、若しその日弾丸ツアーで岐阜に行っていたらそっちの方が楽しかったかも知れないとどこかで思うのでもあった。


mt513@gif03n

ギリギリ大正生まれのこの形式の歩みを振り返ると…
美濃電気軌道セミボ510形として1926年に日本車輛製造にて5両が生を享ける。半鋼製車でボギー台車を履いていたのでセミスティールボギー、略してセミボであった。市内の軌道線を路面電車として走りつつ郊外の専用軌道を高速で走行出来るという二刀流を目指して作られた。これは当時アメリカ等にあったインターアーバンを踏襲してのものである。登場当時の集電装置はトロリーポールだった。(集電装置はヒューゲル→パンタグラフと変遷する)
美濃電気軌道は1930年に名岐鉄道に編入。この車両も鉄道線で使用されていたが、それを機に美濃町線に転属。
1935年8月、名岐鉄道は愛電こと愛知電気鉄道と合併して名古屋鉄道に。セミボ510形モ510形に名称変更したのは1941年。戦後20年以上を経た1967年からは520形と共に揖斐・谷汲線・岐阜市内線直通急行運用に就く。1960・70年代にかけて各種改造・改良が繰り返されるがさすがに 1980年代に入ると老朽化・陳腐化が激しくなった事もあって、1988年までに2両が廃車になる。 その中でも、残った3両は鉄道友の会エバーグリーン賞を獲得する。「古希」に達した1997年に定期運用から離脱するも、その後イベント列車などで走る。
晩年は製造当時の設計図が残っていたのを利用して確保出来なくなった部品を名鉄サイドで製造して可動状態を保ったというエピソードもある。そんな所も岐阜市の重要文化財に指定された理由の一つなのかも知れない。
2001年に谷汲線が、2005年3月31日に美濃町線・田神線・岐阜市内線・揖斐線が廃止されると、最後まで残った2両も運命を共にして、79年の歩みに終止符を打った。

尚、製造された5両のうち、512~515の計4両は静態保存されている。512=旧美濃駅(美濃市)、513=金公園(2006~2019)→岐阜駅前広場に移動、514=旧谷汲駅(揖斐川町)、515=オールドスパゲッティファクトリー名古屋店内(名古屋市南区)
この車両の静態保存率は 4 / 5=80%という驚異的数字である。一方、これの3年先輩で相棒的存在でもあったモ520形の保存車は2010年5月を最後に完全消滅してしまい、明暗を分ける結果となった。
520形の方は元々木造で、その後鉄板を張っただけの簡易半鋼製車となったが、登場時にあった丸窓は戦時中に塞がれて戦後も丸窓が復活する事も無かった。そんな事実も両者間で明暗を分けたのかも知れない。


※画像は2012年9月中旬に金公園にて撮影



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村