このCoursodon (クルソドン)という蔵はSaint-Joseph (サン・ジョセフ)に特化したドメーヌらしく、Jean-Auguste (ジャン・オーギュスト)及び Antonin (アントナン)の Coursodon 親子が19世紀末に設立したのが始まり。アントナンはこの蔵のプロモーションに務めて、1930年代にはTain-Hermitage Tournon (タン・エルミタージュ・トゥルノン)でのワインフェアにも参加する様になった。(この近くにはヴァローナ=Valrhona の本社もある
1950年代に入ると3代目の Gustave (ギュスターヴ)が後を引き継いでいたが、蔵のワインをパリで売るようになり更には元詰めでの販売も開始した。そして丁度その頃、Saint-Joseph がAOC になっている=1956年。
1970年代初頭からは、代替わりで引き継いだ Pierre =4代目はワインのクオリティの更なる向上と畑の改良に努力した。1998年からは5代目となるJérôme(ジェローム)が運営に参加、彼のモットーは “It is the sum of small details that makes the difference” =細かい事でもそれが積み重なって大きな違いを生む、という事だそうだ。
この蔵が作り出すワインは全てサンジョセフで、Silice (シリス)=赤白、Paradis Saint Pierre (パラディ・サン・ピエール)=赤白、La Sensonne (ラ・センソンヌ)=赤、l’Olivaie (ロリヴェ)=赤という6種類である。この蔵は16haの畑を所有して、13.5haが赤ワイン用で、残る2.5haが白ワイン様に充てられている。


sjoliv2k1coursd01

日本国内では殆ど見かける事すらないと思われるこのワインを入手出来たのは今から考えると奇跡に近いかも知れない。おそらく少数がスポット輸入された際に運良く見付けられたと思われる。運が良いというより寧ろ奇跡的だったとすら言える。

ここからはワインのインプレッションに移るとする。(テイスティングは2019年5月)

先ず色の方だが、そこは少し紫がかってくすんだガーネットを呈していた。
カンファー、ミント、楠、昔のFernet 系が先行して、やがてブラックチェリー、シャンボールリキュール、ブルーベリーといったニュアンスが軸を成す形となる。
そこから加わってくるのはアッサムティー、キャラウェイシード、リコリススミレ、ラヴェンダーcrème de cacao、コーヒー
更にはJägermeister、Angostura、湿式葉巻、鞣革、フェヌグリークといった辺りが続いた。



このアペラシオンの物にしてはトーンがかなり暗く見える、そして18年近くを経ていてもまだまだ若々しい。ボディも非常に押して来る感はあって、口内からもだが、喉元やその奥から押してくる。
それでも酸やタンニンは明確で、トータルバランスは非常に良い。非常に濃密ではあるが肌理は細かく諄さは感じない。総体的に透明感とピュアネスも非常によく出ていて、サンジョセフに対する一般的なイメージとはかけ離れた所がある。アフターも時間と共にドンドン向上してかなりのものになった。
これをブラインドで Saint-Joseph と言える奴は極めて少ないだろう、Hermitage と答えてしまう人が大多数だろう。
全体のタッチとしては、不思議に思うかも知れないが、クラシックなボルドーを想起させる様な所もある。しかしながらそこにもやはり独特なものが強く滲み出る。何つったって Syrah のワインだという事であろう。後5年位は待っても良かったと思う、まだまだ全然力もある。


何せ日本でこのワインを手に入れるのはほぼ不可能と思って良い。ググっても日本のサイトはほぼ出て来ず、出て来ても昔のブログ記事が僅かに出て来る程度である。フランスを始めとしたEU 域内での人気が高くて日本にまで割り当てるのも難しいのかも知れないが、同時にこういうワインを積極的に扱おうというインポーターも殆ど無いという日本側の現実もあるのは明白。この国のワイン界の超お寒~い所である

最後にスコアリングの結果だが、18.5 / 20 これ位は進呈して宜しいだろう。サン・ジョセフを舐めてんじゃねーぞコノヤロー!という声まで聞こえてきそうだった。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村