このネタも最終回、ここでは近鉄23000系と「同期デビュー」になるのはどういった面々だろうか?を調べてみた。そうすると…

小栗旬、竹野内豊、有吉弘行(猿岩石として)、反町隆史、ふかわりょう、バナナマン、マギー審司、
広末涼子、仲間由紀恵、にしおかすみこ、原千晶、板谷由夏(当時はモデル)、hitomi、
L'Arc~en~Ciel、TOKIO、ゴスペラーズ、GLAY、Oasis(本来は[ ouéisis ]と読む)、Marilyn Manson(マリリン・マンソン、バンドとして)
野球界では、岡島秀樹、小久保裕紀、鳥越祐介、石井貴、松井稼頭央、福浦和也、諸積兼司、小野晋吾、金子誠、
井出竜也、大村直之、波留敏夫、大家友和、万永貴司、藪恵壹、平尾博嗣…こういう所になる。


2017年3月上旬の遠征の話になる。当初はしまかぜ3連発を漕代付近で狙う前提で計画を練っていた=前年2月のリヴェンジ。でも実際はその時になって磯部カーブにポイントを変更した。
1日目は津新町付近から、2日目は伊勢若松付近からの移動で漕代付近でと思っていたが、伊勢自動車道走行中に松阪市付近は何やら空模様も怪しかったのが見えた。松阪IC で降りてもそこから漕代付近までも時間が結構かかる事を思い、それならいっその事伊勢IC~第二伊勢道路(R167BP)をかっ飛ばして白木経由で磯部カーブへ行くのが却って確実と判断したのである。
何せこの第二伊勢道路は(当初計画より) 7年前倒しという形で(よっ、太っ腹!)この遠征初日から無料化されたのであった。記念すべき?無料化初日から 2日連続で走行出来たのは、あくまでも式年遷宮効果で決してサミット効果ではないのは明らか。


ktislm@shmiso01

関西や東海の撮り鉄さんの中では比較的良く知られていると思われる志摩磯部のカーブ、6両だと無理無く構図が作れる。50000系しまかぜも6連なのでこの構図でおK
線路際でカーブ外側の草(殆どが薄)は刈られてしっかり焼かれていた。でも草焼きは何時したんだろうか?3月前半だというのに焼き立ての香ばしさすらそこには残っていた。


ktisly@shmiso04

こちらはイエローの作品。しまかぜ3連発を待つ間、更にはその後も13時半過ぎ位まで待てば休日の場合は3本撮れる。

ktisly@shmiso02

この様に上り(回送?)もケツ打ちで撮れる。アウトカーブ0度アングルでケツ打ちになると架線柱が画面の中央付近に入ってしまうから絵としては不細工になる。志摩線は本数が少ないので行った序にコマ数を稼ぎたいというならどうぞという感じである。

ここで参考までに伊勢志摩ライナー以外の作例もご覧頂きたい。

kt1209@shimiso01

1200系普通の2連、ここまで短いとこのアングルでの撮影には向かない。これでもピントの置き所や構図を短編成用に工夫しているのだが…
この撮影時点でデイタイムの普通は伊勢中川始発と白塚始発がほぼ半数ずつだった。ほぼ全てが中川始発になったのは2018年3月17日から


kt2014@shimiso01

伊勢志摩地区で運用されていた時代の2013系つどい。
2013年10月の伊勢神宮第62回式年遷宮を記念して2000系2107F を観光列車に改造したのがコイツ、一般型車両を観光列車に魔改造するという暴挙には賛否の声があった。この姿は2017年8月末までの4年弱の間だけだったが、何とそこから再改造を受けて翌2018年7月から足湯列車に姿を変えて湯の山線方面で運用されている。因みにコイツの台車や走行機器の一部は10100系からの流用品


昼時のゼロアングルの撮影は14時前に終わらせて、その後はこの反対側に行っての撮影。
というその前に…


agoanori01

初日の事だったが、適当にレンタカーで近所の県道を走って海が見えそうな所に行ってみると、志摩市でも旧阿児村安乗地区に。本当に適当に走っただけなので正確な場所は覚えていないが、わたかの船乗り場ではないかと思う。(適当)

agoanori02

見えている海は的矢湾から更に奥に入った内湾。
安乗というと灯台で有名な場所だが、撮り鉄が目的で風景は二の次だったから下調べはほぼゼロ、 時間も限られていたのでこんな所で妥協した。


2日目の「休み時間」は道の駅みたいなところを探して(これもまた無計画適当)、土産と昼食をと思ったが時間がなくて昼食は諦め志摩特産のアオサ(新物)を買ったのに留まった。因みにアオサだが、志摩の物も含めて不漁がここ数年続いている場所が多いらしい。

閑話休題で、磯部のカーブに戻る。内側から45㎜相当位で狙ってみる。季節はまだ3月、志摩磯部寄りのポジションから狙わないと顔が潰れてしまう。鳥羽方面=上りをこの時間に撮るなら、春夏ならもう少しだけ穴川寄りのストレート部分に行くか、若しくはこの画面の奥にある池田川の南側に行っても撮れる場所がありそうだ。

kt2107@shimiso01

賢島行きのつどいに再び遭遇してケツ打ち。(画像は2日目)

ktasv@shimiso01

初日撮影の22000系AS+30000系阪伊特急、翌日は12200系2連が大阪側だったが、30000系新カラーリングだった。撮影時点=2017年3月時点ではこの旧カラーリングの特急はまだまだ見られた。これも今となっては殆ど見られない。(初日の撮影)

メインのしまかぜ上り3連発撮影に前後して伊勢志摩ライナーも来る

ktislm@shmiso11

こちらは初日の作例、これだけ空が澄んで美しいとカニカマカラーも映え~~になる。

ktislm@shmiso12

2日目の作例。空色は初日の方が圧倒的に良かった。
ここはカーブで架線柱の間隔がかなり短い。理想的なフレーミングは困難だが、少しだけ穴川寄りのストレート区間なら比較的楽にフレーミング出来るだろうか?


あと4ヵ月後には80000系ひのとりが登場してそれから1年以内に名阪甲特急は置き換わり、アーバンライナーはその他の特急に降格される。この志摩線でも21000・21020系の姿を見る機会も増えよう。その一方で伊勢志摩専用になっている23000系の運用が大きく変わる事はなかろう。他所だったら確実にメインターゲットになるコイツもUL だのしまかぜだの、更にはひのとりまで加わられてはこれから肩身が又狭くなる。
この志摩磯部で空模様にもかなり恵まれて悲願でもあったしまかぜ3連発撮影も漸く達成出来て帰りの途中の名古屋でもなかなかの酒体験もプラス出来て実りの多い遠征だったと思う。



このネタの締めとしては今年1月末、脳腫瘍により66歳で亡くなった James Ingram (ジェイムズ・イングラム)氏の曲から、" Forever More " ( with John Tesh )を贈って四半世紀を走ってまだまだ活躍するこの偉大なるサブターゲットを称えたい。
この曲は同氏が1999年に出したコンピレーションアルバム、" Forever More (Love Songs, Hits & Duets) " のタイトルトラックとして、又先行シングルの様な形でその前年にリリースされた。
彼は1952年2月にオハイオ州で生まれ、奨学金で地元のアクロン大学(Univ. of Akron)を卒業。その後はL.A. に移住し音楽活動を開始、幾つかのバンドを渡り歩いた後にセッションヴォーカルとしてQuincy Jones に見出されて彼のアルバムに参加する等して師事。1982年にPatty Austin とのデュエット曲= " Baby, Come To Me " で全米#1を獲ると、そこから一気にスターダムにのし上がる。
彼の有名曲はデュエット(デュオ)が殆どで、ソロのイメージが湧かないかも知れないが、1990年には " I Don't Have the Heart " でソロとしても全米#1シングルを記録している。


実際の曲についてはこちらのようつべでも御覧賜りたい。

Before we go to sleep tonight, we'll say our prayers
I'll hold you tight, and kiss away the fears you hold inside you


So many years have passed us by, I cherish the moments by your side
A love like ours will only grow much stronger, I want to tell you


That forever more, I'll be the one to love you, to love you
When you need me, I'll be there to make you smile
And forever more, I'll be the one you come to, oh honey…
I'll be the one to love you when the morning comes


Through all the tears we left behind, the joy we shared, your hand in my mine
I can't resist, ooo, touching you not even while you're sleeping


And when you wake I promise you, we'll celebrate our dreams come true
A love like ours will only grown much stronger, I want to tell you


That forever more, I'll be the one to love you, to love you
When you need me, I'll be there to make you smile
And forever more, I'll be the one you come to, oh baby…
I'll be the one to love you when the morning comes


Let me tell you there will never be another cold and lonely winter night
'Cause we're family, and baby our love will last forever
So I'll say to you


That forever more, I'll be the one to love you, darling
When you need me, I'll be there to make you smile
And forever more I'll be the one you come to
I'll be the one to love you when the morning comes, oh, oh…


I'll be the one to love you..., forever more



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村