南アフリカのワインは初登場となるがこれが最後になる可能性もある。現時点で他の南アフリカワインをストックしていないからである。
では何でそんな国のワインを買ったのかといえば、欧州のワインのオルタナティブになり得るかと思って買ったのである。それも約10年前の事である。その当時は2010年ワールドカップが近付いていた事もあり、同国が有望な新興国として注目を集めた。ワインの業界でもそこに便乗する様にして、南アフリカワインでも非常に評価の高いとされたこのワインを某インポーターが調子こいて輸入してみたものの、あまり売れず決算その他の事情も絡んで投げ売りしたらしいが、それでかなりお安く入手出来た。
南アフリカのワイン産地としての歴史はかなり古い。1655年にオランダ東インド会社の人間が葡萄栽培を始めたのに始まってその4年後=1659年2月2日に初のワインが誕生したので、今年で360周年となる。小生も30年以上前の時点で既に KWV とか Nederburg なんて銘柄のワインを目にする事はあった。


ここで取り上げるワインの生産者である The Sadie Family (ザ・サディ・ファミリー)だが、これは元サーファーという肩書を持つ Eben Sadie (イーベン・サディ)氏が1999年にスタートさせたワイナリーで、Swartland (スワートランド)地域(=Cape Town から北に約50㎞)に存在する。
同氏は欧州各地のワイン産地を10年以上旅しながらワインの生産を手伝ってワイン造りのイロハを習得。1998年に南アフリカに帰国して The Spice Route という蔵でワイン造りの総責任者として働く様になる。そしてその翌年に自分自身の蔵としてThe Sadie Family を立ち上げる。それから20年、今や南アフリカ随一の鬼才と称され、南半球で最も偉大なワインメーカーの一人と讃えられる様にまでなった。


ここで取り上げる Columella (コルメラ)というワインは、2000年VT で登場し、サディに於いては赤のコルメラ白の Palladius (パラディウス)という具合にフラッグシップの双璧をなすワインである。Shiraz (シラーズ)主体で(8割程度)そこに Mourvèdre (ムールヴェドル)等をブレンドして作られるワインで、樹齢の高さもウリになっている。南アフリカのような場所でありながら灌漑は一切せず、自然に任せるワイン造りを実践しているそうである。

collumella2k4a
ここからはワインのインプレッションとなる。
色はルビーパープルが結構残っていて且つくすんだガーネットで、深度はかなりあるが、クリアで上品な輝きもある。
テイスティング過程で拾い出したエレメンツを挙げて行くとこうなった。
メインの部分としては、ブラックベリー、ブラックチェリー、ブルーベリー、カシス。そこからKirsch 漬けのGriottineも乱入。
そこからブラックオリーブ、黒胡椒、生のThyme、オレガノラヴェンダーという所が続いて
更にはシナモン、ナツメグ牛レバー、薫茶、白檀、スターアニス、花椒、ローレル(乾燥)


タンニンの過剰さはなく、酸が意外としっかりしているのはポイント高いが、その酸もキレや美しさという所では今一つだろうか? それでもワインの味の全体のシルエットはコルナスのイメージに近いのかも知れない。
新大陸系の諄さもそれなりに持っているが、グダグダにならない程度にはブレーキが掛かる。バランスは常に一定レベルを行き来して、大崩れはしないが変身解脱する事もない。

今年5月のテイスティングなので、丁度15年という事になるがその割には熟成感が出ていないのは気がかりで、若いのか熟成したのか判らない。この時点では判断に困るワインでもある。まだまだこの先5年以上は楽しめる物であるのは間違いないが、近い将来凄い展開がありそうかと言われるとそこは何とも言えない。
凝縮感もいい線突いているしスターネス(sternness =厳格さ)も感じさせる、新大陸系のノリは出てしまってはいるが、全体的に良く出来たワインなのは明らか。それでも気に入らないのは、その割にアフターが期待したレベルに届かない事である。


御約束のスコアリングだが、その結果は… 18 / 20 なんて遣ってもいいだろうか?
新大陸であり、デビューして5年目という事を思えばなかなか凄い出来だと思う。


買った当時はバーゲン価格という事もあって4000円程度だったが、この蔵の名が世界的に轟いた今では15000円クラスになってしまった。この状況下で手を出す事は無いだろうが…。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村