今日からモデル撮影記・Lana 嬢のシリーズに戻り、今回=Part 4 では鉄グッズを一旦離れて、あまり使う機会のない自動車のラジコン。本当に初期の頃は使っていたクッションも引っ張り出して久し振りに使ってみた。
決してラジコンとして走る事のない、小道具専用として買ったラジコンである。


lan@ginn053  lan@ginn055

サーキット専用に30台製造され29台販売されたFXX のラジコン。秋〇原の某・ヨ〇〇シカ〇ラで買った様な記憶がある。(それすら曖昧
実車はサーキット専用という事で=自走してコースには行けないから、トランスポーターみたいなトラックにでも載せないと移動出来ないから非常に面倒な話である。


lan@ginn057  lan@ginn058


lan@ginn059  lan@ginn060

続いては 458 Italia +クッション。小生としても本当に久し振りのコーデとなり、何しか懐かしい。スタジオでのモデル撮影を本格的に始めて約8年程だが、色々小道具が増えまくって出番無く眠っている奴も結構多くなってしまった。こういうテーブルがあるだけで小道具が使い易くて小生的には助かるが、テーブルの無いスタジオも多い。



ここからは酒シリーズ、とはいってもネタは非常に限定されていつものヤツしかない。

lan@ginn063  lan@ginn064

lan@ginn065  lan@ginn066

何度も登場している Glenfarclas (グレンファークラス)だが、このタオルも使い始めてからもう7年になる。この蒸留所のボトルも最近購入していない上に、自宅以外の場所で保管している他の貴重なボトルをわざわざ引っ張り出すほど時間もない。そういう訳で秩父ウイスキー祭2017のボトルが小道具として専ら使用される状態が続いている。

lan@ginn067  lan@ginn068

lan@ginn069  lan@ginn070

2度目の登場となる Jack Daniel's (ジャック・ダニエル)
コーディネートするなら今時のチャラいボトルでは気が済まないてなわけで、わざわざ80年代(と思われる)45%時代のボトルを使用しているのであるが、これももう30年前のボトルという事になる。
この創業者=Jasper Newton (Jack) Daniel =ジャスパー・ニュートン(ジャック)・ダニエルは一説によると、13歳でウィスキー製造を始めたとされる。貧困な家の出で、幼くしてMoonshine という蒸留所も経営していたDan Call (ダン・コール)という牧師の下で働き始め、その蒸留所を引き継いで Jack Daniel's を世に送り出した。因みにアメリカ政府公認蒸留所第 1 号はここである。20世紀に入り、甥に当るLemuel Motlow (レミュエル・モトゥロウ)に引き継がれるものの、1947年にMotlow が亡くなると、後継ぎがいなかった事もあって、最終的には1956年にBrown-Forman (ブラウン・フォーマン)に買収されて今に至っている。


ここはまだまだ中盤戦という事なので、次回 Part 5 へと続く!


Apr. 2018 東京近郊での或る撮影会(現在は廃止)
PENTAX K - 3 Ⅱ+smc DA star 16 - 50mm f2.8 / smc DA 35mm f2.4
モノブロックストロボ1基及び LED ライト使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村