Domaine Belle (ドメーヌ・ベル)は日本では余り知られていないが、Hermitage (エルミタージュ)の中でも有数の作り手である。
その歩みだが、1933年に Louis Belle (ルイ・ベル)によって創業したが、当時は育てた葡萄をネゴシアンや協同組合に売っていただけだった。これには彼自身が Tain de l'Hermitage の協同組合の創立者の一人だったという背景もある。
1971年に Albert (アルベール)が引き継ぐと畑を買い増し、遂に1990年、醸造設備とセラーを設けてワインの自社生産元詰めを開始する。2003年に Albert が引退し、その息子で現当主の Phillipe (フィリップ)による運営へと変る。2014年からは葡萄の100%有機栽培を開始する。
現在この生産者は Hermitage、Crozes-Hermitage、Saint-Joseph という3つのクリュに合計で25haを保有し、赤白合計で 8種類のキュヴェを生産する。


herm99abel01

この蔵の中でも絶対的エースと言える Hermitage rouge に関しては、基本的に全房発酵(除梗しない)ではあるが、状況によって変る事もあるという。発酵にはステンレスタンクを使用し、乳酸発酵の後に樽での熟成に入る=新樽比率は50%。

色はクリアだが深みのあるガーネットで、この時点でそれなりには綺麗に熟成した様な予感を持たせる。
拾い出せたエレメンツを挙げて行くと・・・まぁ、こんなあたりだろうか
序盤から出て来た「第1グループ」として、ラズベリーFraise des boisミント、薫煙香、牛蒡リコリス
後続の「第2グループ」では、ブラックベリー、カンファー、グリオッティンチェリーブルーベリー、アールグレイ、黒文字花椒ArmagnacBénédictineFernetローズヒップ
更にその後続として、コーヒーリキュール、楠、微かに枯葉ラヴェンダーキャラウェイ、トリュフ


酸もタンニンも暴れはしないが、しっかりとその存在を主張して尚且つ全体の規律を乱す気配がない。特筆すべきはトロリとして強いグリップを伴いながら纏りの良い流れ方。
しっかりした肌理の綺麗に揃った様なその躯体から繰り出される旨味達は五臓六腑に突き刺さりながら強く染み渡るが、そこには諄さや押し付けがましさは感じられない。
ただ、その際香味の広がりが縦方向主体で、もう少し水平方向のそれが欲しかった感はある。
アフターからフィニッシュについても、強くて盛り上がりも大きく伸びやかで長い。Belle 家の Albert ・Phillipe 親子の非常に誠実だとされる人柄を反映して造られたワインとも言えるだろうか・・・

現在、この生産者のワインは愛知県にある某インポータがエージェントになっているから、入手困難という訳ではないが、Hermitage は生産量が非常に少なく入手がやや難しい。

最後に、恒例のスコアリングだが・・・ 18.5 / 20




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ