smc70200a
(smc DFA Star 70-200mm f2.8 AW 2016年10月)

リコーイメージング(PENTAX)は先日ファミリークラブのメンバー、つまり一部のユーザーにネットでのアンケートを行った。
小生の所にもその案内メールが来たので早速見てみたら・・・、それが中身無さ過ぎでクソワロタ。こんなに呑気で無意味なアンケートを実施しているところが、リコーという会社の凄まじい病理だとしか思えない。
「PENTAX の一眼を何台持ってますか?」「PENTAX の一眼は何年使ってますか?」「持ってる機種は?」「カメラの情報は何処で見てますか?」「他の人に勧められますか」そんな下らない質問が続くのである。
その中で自由に記述出来る設問が一つしかなく、300字以内ときている。そこで何とかダメ出しをしてやって、明らかに300字以内に収まった筈なのに・・・、「長すぎますと」エラーメッセージが出た。
Ameblo のコメントだって全角1000字以内なのに、300字なんて制限かけて、色々指摘するコメント書いたら拒否るって。ダメ出しされたらキリが無くなって長くなるから、字数を大幅に制限して結果的にでも耳ざわりの良い事だけしか書けない様にしたのかと勘繰らざるを得ない。こんな事で「マーケティングもしっかりやってます」というアリバイ工作になるとでも思っているのだろうか?


去年1月にKP なんて中途半端でクソ使えないを出してきた時に、「こらもう完全に終った」と思ったユーザーもそれなりにいたのではないか? そんなリソースがあるなら、K-3 Ⅱ後継機の開発に急いで取り掛かれただろとの突っ込みは当然あるであろう。

10年程前に旧 PENTAX が HOYA に吸収されるという事になった際、HOYA サイドはカメラ部門の売却又は解散を求めていたとされるが、カメラ部門の一部の人間が売却に反対し他の事業部門と一緒にHOYA に付いて行くという話になってしまった。
(メンツに拘ったのかも知れないが、判断としては最悪だったのは間違いない)
そして案の定、HOYA には邪魔者扱いされ飼い殺しに遭い、そこで進歩が止まってしまったのは否めない。その後リコーに拾われたが、泣かず飛ばずに近い状態が続いている。
リコーが2011年に旧ペンタックスイメージングの譲渡を受けるという判断をした事に対しても、それが賢明だという人間は元から少なかった筈である。



リコーの経営状態は悪化する一方で本体自体の存続も危ういとすら指摘され続けている。そういう事情もあって、会社としてはなるべく何もまともに開発しないで良いという方向に持っていこうとでもしているのか?
「お写ん歩」なんていってそれで満足する程度の人達だけ相手にしていれば、開発リソースも少なくて済むから楽なのだろうし、余計な事しなければ社内での立場も最低限は守れるならそれで充分なのだろう。

一眼レフはデジタルでもフィルムでも、システムカメラであるからボディとレンズだけで考えてはならない。今やその周辺機器も大事な存在であるのだが、周辺機器で PENTAX に適合出来る物が非常に少ないから色々なシステムの組みようがないのに等しい。換言すればシステムとして考えると貧弱にならざるを得ないという事である。
この点はリコーが悪いのではないと言うかも知れないが、周辺機器のメーカーから完全に無視される状況を変えられないリコーに大部分の責任がある。


PENTAX 初のフルサイズデジタル1眼となった K-1 だって開発に時間が掛りすぎて、2016年にリリースした時にはそのスペックが時代遅れになりつつあったのである。その後去年になってCanon EOS 5D-mark4Nikon D850 なんてものが出て来てしまい、K-1 なんて名は誰も語らなくなった。
今やフルサイズ「高級」ミラーレスまで当り前に出始めて、遂にはフジが中盤ミラーレスなんてリリースした。この期に及んで、リコーにはその気配すらない。
そんな浦島太郎化したリコーイメージングは末期的状態だと言われても仕方がなく、余程の結果を出さないと現在のユーザーからも見切りを付けられて消滅は避けられなくなるのは間違いない。


同社からは近日中に新製品の発表があるというが、それは間違いなく GR シリーズ(コンデジ)であろう。
今更 GR なんて出して如何するのか?
そんな物やっている余裕があるんなら、それを K-3 Ⅱ後継機開発に振り向けるか、若しくは新マウントのミラーレス開発にでも着手しろと言いたくもなる。


カメラメーカーというのは厄介なもので、軍事技術と密接な関わりがあるので外国資本に売却は出来ない。今更国内に買い手なんて現れないだろうから、数年内に会社清算(事業清算)という形で消滅させるしか無くなる可能性が高いと考えるのが妥当。

PENTAX 一眼レフを他人に勧められますか?・・・勧められる訳が無い!
レフ式だと PENTAX であっても一式持運ぶのが億劫になり始めた小生なので、MFT(micro four thirds)にでも鞍替えしようかとチャンスを窺っているのでもあるが、MFT にも問題はまだまだ山積しているのも事実である。

ユーザーから叱られたくなければ、 PENTAX が一日でも長く続く様にもっと奮起せぇや!(上から白目で)



当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ