9年前の2009年11月末の事だった。ウィスキーフェスティバルが名古屋で初めて開催された際(この時点で通算3回目だった)、小生も名古屋に密航していた。
翌日まで名古屋に滞在したので帰京する前に撮った夜景を紹介する。前日(フェス当日)の悪天候とは打って変わって完璧に近い冬晴れだった


oas21mmix01

オアシス21の地上広場から水の宇宙船を真中に、右はイラネッチケー名古屋放送センター、そして左はテレビ塔
smc DA 14mm f2.8 (21mm相当)を使用して撮影したが、見上げる様に撮影せざるを得なかった。そこでワイドレンズ特有のパースが凄かったので、RAW 現像時に大幅補正を強いられた。


oas21mmix02

宇宙船とテレビ塔が重なる様な角度にチェンジして撮ったらこうなる

oas21mmix05

東側(愛知芸術文化センター寄り)のアングル、宇宙船とテレビ塔のみに近いシンプルな構図

oas21mmix03

真っ赤な光のリングがあったのでそれも入れようともっと下がって撮った絵がこちら

この時は宇宙船屋上の園路から撮る事はしなかった。この時は11月末という事で久屋大通公園のX'mas イルミネーションを狙った。

hisypkmmix01

バックにタワー+手前にイルミという絵を載せておく。イルミネーション自体ははっきり言って大した事はなく、一寸一杯食わせ物感が残った。
ただ、こんな絵であっても今年限りで撮れなくなる公算が高い。



~「ジレンマを感じる事すら許さない事態」とは何か?~
御存知の方も多かろうがテレビ塔は来年1月から約1年半の時を掛けて耐震工事を含めてリニューアルされる。その間は当然、夜のライトアップも無くなる。前記事で紹介した展望室も閉鎖されるが、リニューアル後に展望室が残るかどうかも判らない。名古屋の重要な夜景撮影スポットが再開する事なく消えてしまう可能性だってある。運営会社としては展望室を高級レストランに変えたい意向がらしい。
久屋大通の公園も北側からリニューアルが始まる。北は外堀通から栄のエリアを縦貫して南は若宮大通まで連なる長~~い公園だが、錦通以北のエリアから始めて他のエリアも順次リニューアルして行く模様である。


2011年のアナログ放送終了以降はテレビの送信タワーではなくなりマルチメディア送信のみとなった。そしてこの事で経営が悪化し存廃問題が浮上した、それが 5年前。
それでも名古屋の中心部のシンボルとして存続し続けてはいるが、その周囲に新しく建設されているのはビジネスホテルばかりの様らしく、これだけの街にしては夜景が冴えないという方のジレンマはまだまだ続く様である。





冒頭で述べたウィスキーフェスティバルで出会ったボトル達をほんの一部ではあるが載せて行く。この中にはレジェンダリーな神ボトルもある!

tlsk12y2k7cdfcm01  bro30y566a

左=Talisker 12yo 45.8% celebrating a deacde of Friends of the Classic Malts
Diageo のウィスキーファンクラブであるFriends of the Classic Malts 10周年を記念して2007年にボトリングされた物。このファンクラブはディアジオ誕生と同時に設立された事になる
右=BRORA 30yo natural cask strength 56.6% released in 2004 = 3rd release
2002年から始まったBrora のスペシャル限定リリース。毎年1回ずつ去年までは続いているので 16th まである。2010年の 9th までは30年だったが、その後は32年、35年という具合に年数が上がっている。まぁ当然だが・・・。
aged 30 years として出されていた頃のこのシリーズは超弩級神ボトル連発だった様に記憶している。



hlpk25y01  ggrant69jwadc484a

左=Highland Park 25yo 51.5% bottled in 2000
金色ラベルの25年は1995年と2000年にリリースされたが、こちらは2000年リリースの方。因みに1995年の方はラベル下部に dumpy と書いてある。
どちらにせよまさにハイランドパークの金字塔、同蒸留所史上最高とも称せられるウルトラ級の神ボトル! 「今日この地上世界が終るなら、最後にこれをもう一度飲みたい」とすら思える(大袈裟


右=Glen Grant 1969 39yo 48.4% Jack Wiebers Auld Distillers Collection
この時代この手のイベントでは60・70年代蒸留の超美酒達をテイスティングする機会も恵まれていた。


何せ2万円で70年代蒸留のボトルを買ってもお釣りが来たし、60年代蒸留の物にも手が届く可能性があった。極最近になってウィスキーに触れた若い世代のファンからすれば御伽噺にしか聞えないと思うが、10年位前はこんなものだったのだ。
今から思えば何とも幸せな時代だったと、今更ながらに記憶と記録を噛み締める小生である。


milbr75udrm619a  colbr6885cadh01

左=Millburn 1975 25yo 61.9% UD Rare Malts
Inverness (インヴァネス)にあった3つの蒸留所の一つがこのMillburn (ミルバーン)。3つともそもそも地味な存在だったのが災いして1983年に纏めて閉鎖された。UD Rare Malts のシリーズも見かけることは殆ど無くなったが、15年位前は平行品なら1万円そこそこで手に入れられたのである。


右= Coleburn 1968-85 17yo 46% W. Cadenhead black dumpy
今や伝説となったケイデンヘッドのブラックダンピーシリーズ
46度の加水タイプだったが、これが若しカスクストレンクスだったら無理してでも買っていたか?

Coleburn (コールバーン)はスペイサイドはエルギン地区(Elgin)にあった地味な蒸留所だが、この時代少しはボトラー物が出回っていた。1980年代の所謂ウィスキー不況の煽りで1985年に休止し、そのまま閉鎖された。この蒸留所の評価は決して低くなかったが、シングルモルトとして出される事は殆ど無かった。蒸留所名の由来は Chacoal =炭である、昔は木炭の主要生産地だった事に依る。


ウィスキーフェスティバルが名古屋で開催されたのは、この時の一度限りである。運営に関してのトラブルが噴出したのがその原因とされる。その後名古屋はウイスキーイベント空白地帯の様になったが、最近ではウイスキーラバーズというイベントが行われている。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ