2014年5月、京浜急行で初の試みが行われた。それが Yellow Happy Train という黄色に変えられた1057編成だった。西武とのコラボという事で西武2000系に似せた感じになったのである。そしてこの企画は当初の予定より済し崩し的に?延長され、5年目に突入していたのである。


kq1057@kqnag01

2014年7月に YRP 野比~京急長沢間の長沢寄りの場所で捕えたのが最初だった。この時は K-5 Ⅱでの撮影だった。
この日は A 快特の運用に入っていたが、三崎口行きを迎え撃とうとした時は曇られて完全にアウト。その約25分後に折り返しを捕えてリヴェンジしたのが上の作例。
この場所では下りはそれなりに飛ばしてくるが、上りはトンネルに入るまでノロノロなので後追いにはなるが撮り易かった。



kq1057@kanzb01

2015年1月、K-3 で捕えた初のショットであり、J-TREC 脇での初撮影でもあった。

kq1057@kqnag02

2015年5月 長沢にて青砥行き SH ケツ撃ち
17時半近くになり、背後の山陰が線路上に落ちてきてしまっていたが、ギリギリセーフ。
ここはGW~旧盆前で16時前位から順光になるのだが、17時を過ぎると背後の山(丘?)の影が迫ってくるので良好な絵が撮れる時間は意外と短い。


畑と線路の間の畦道から撮影するのだが、以前は畑も良く手入れされ畦道も入り易かったし、夏の日差しを浴びて育つ野菜類を眺めながら電車を待つのも楽しかった。
ところが2015年夏以降、妙な木が植えられて畑の耕作も放棄された様になっている事が判明した。それから更に3年経った現在、この場所に安全に入れるか否かは判らない。


kq1057@kanzb02

2016年1月頃、SH 快特青砥行きのケツ撃ち

kq1057@tsmg01

2016年11月、鶴見川を渡る場面を初めてキャッチ (こちらにも掲載)

冒頭で述べた通り、黄色になった当初は3年間限定という事だったが、その期限を過ぎても元のカラーに戻る事は無かった。それどころか、ドアまで黄色に変えられた。
西武に於いて2000系9000系101 / 301系701系401系501系といった歴代の黄色い電車はいずれもドア部は無塗装ステンレス地金剥き出しである。その仕様変更で西武のマネを越えてしまった事になり、中国地方に残る例のアレに一気に近付いた感がある。
即ち「ハマの末期色」という境にまで解脱してしまったと言える。


kq1057@tsmg02

末期色に解脱した1057を捕えたのは2017年12月、美しい冬空の下の鶴見川鉄橋だった。この日はエア急のスジに入っていた。

kq1057@kanzb03

2018年3月11日(東日本大震災から丁度7年という日でもあった)、キイロイトリ仕様でSH 快特運用
2000形を最後に撮影した日になってしまったが、その露払いは見事に果たしてくれただろうか? (関連記事はこちら


若しコラボの相手を西武からJR 西日本に替えたというのなら、近い将来、ハマの抹茶色でも登場するのであろうか?




当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ