ここ最近は仕事が立て込んでいた上に、風邪をひくわ背中は痛めるわで更新が滞り 9日も空いてしまったが、何とか更新を再開する事と相成った。

鶴橋といえば大阪でもかなりメジャーな街。JR 環状線近鉄大阪・奈良線、更には地下鉄千日前線が交差する交通の要衝である。ただ、メジャーな道路は直ぐ近くには無く上町筋と今里筋の丁度中間にある形になる。


kt-asvg@matdk01
特急区間準急の離合 2013年11月・大和高田~松塚間

この鶴橋に小生が最初に降り立ったのは20年以上前のまだ20代半ばだった時で、大阪も関西も良く知らなかったのであった。東京の感覚でいえば、有数のメジャーな駅がある所であればモダンで華やかさのある町を想像しがちにもなろうが、そこは大阪!想像とは真逆の別世界!
その最初の印象としては焼肉屋がやたらと多い、大阪の御仁達はそんなに焼肉が好きなのかと思いながら自らの眼を疑ってしまった。総体的にはごちゃごちゃしていて狭くて薄汚くあまり良い印象ではなかった。(何故そうなのか当時の小生は知らなかった)


その後、鶴橋を通る事は幾度かあったものの、降り立つ機会は無かった。ところが去年の小生は鶴橋に2回降り立った。約20年ぶりという事になる。
1回目は4月下旬、朝方に神崎川で阪急神戸線を撮影した後、梅田から環状線で鶴橋へ。駅から千日前通を500m程東に行った所の有名なスーパー銭湯に一風呂浴びに行ったが、駅周辺から僅かに歩いただけで住宅地という趣に変わってしまう。
駅周辺のガード下では日曜の昼間だというのに立呑み屋が平然と店を開けていて、そこには焼き鳥等を片手にビールだの酎ハイだのをやっているオッサン達がいる。何処となく羨ましい気持ちもある中でディープな大阪の一端を覗き見る事が出来たのだが、それはまだ本当に一端に過ぎないのであった。それでも鶴橋のその光景は東京ではまずお目に掛れないものであろう。
何せ大阪ミナミの中心である難波から僅か3km東に行っただけでこんな光景に出くわすというのは東京の人間には少々理解し難いものかも知れない。


323ls05@kyob01
環状線の新しい顔である 323系  撮影は2017年8月・京橋駅にて

4月のその時は風呂屋を出た後、そそくさと京橋経由で寝屋川に向ってしまったから鶴橋をブラブラする事はなかった。それだけだったらネタにならないのでここに書くわけは無い。続きは11月の話になるのだが、そこは次の記事にて。

関連記事=The Legendary Super Star 阪急電鉄6300系電車 追撃遍 Part 1
       KAWASAKI vs. UMEKITA ~東西バスカー大戦争?~



当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ