西武鉄道から11月11日開催の「トレインフェスティバル2017 in 横瀬」に関するアナウンスの中で、「今年度から廃車が始まる 9000系 …」という件があった。
1993年12月に新製された 9101F の全検がこの12月で切れる。新製時は4連で、翌年3月中間車6両追加。
新101系 2000系 も全廃になっていないのに何故 9000系 廃車開始なのかと思うかも知れない。9000系は今年末から2019年にかけて全検切れを迎えるが、この度の話は 9000系の3全検は無いという西武の意思表示 と見て間違いない。



sb9001@irmgw01

2012年8月、仏子・元鍛冶間の入間川の橋梁にて撮影した 9001F

sb9101@tok01

これが現在の姿、2016年7月より9月まできゃりーぱみゅぱみゅ 嬢メジャーデビュー5周年記念 KPP トレインとして走った後、ラッピングは外されピンク1色の姿で走行していた。全検切れまで1年程度で、廃車予定だった事もあり黄色に戻されなかったと考えるのが妥当という事になる。

御存知の通り 9000系 は1993年12月に4両ユニットとして導入開始となりその後程なく10連化、当時は 101系 の走行機器を流用した抵抗制御車だった。2003年から機器更新で 20000系 と同仕様の機器を積んで漸くVFD 制御になった。それでも乗車した時の音の感じからして 101系 からの流用機器が残っていたのは間違いない。
単純に考えれば、 101系 流用機器の老朽化が原因とも言えるかも知れないが、機器の再更新という選択肢が無いわけでもなかろうから、それは原因の1つに過ぎないと思うのが妥当。

西武サイドには池袋線系統の10連は地下鉄対応車で統一する狙いがあるとしか思えない。10連ながら地上線専用の 9000系 は使い勝手が悪くて邪魔になったとしか思えない。40000系の製造予定数は10連8本=80両で、 9000系 の数とピッタリ一緒である。

更にそこからは、地上の池袋駅に発着する運用を減らして地下鉄直通運用を主体に変えたいという意図も見て取れる。換言すれば練馬以南は有楽町線をメインにして、池袋線は補助的な位置付けに変えたいのかも知れない。そうすれば西武的には自社で保有する車両数を減らせる可能性があると思われる。


西武黄色の電車という図式は数年内に過去のものとなるのは間違いない
西武池袋線に於いて、1940年代には汲み取られた糞尿を肥料の材料とすべく埼玉に輸送する貨物列車を運行していた。それは嫌味を込めて「 黄金列車 」( 黄害やろホンマは! )と呼ばれていたが、これが当時危機的だった経営を何とか支える役割を果たし、その後の発展に繋がった。
1969年登場の 101系 から始まった黄色い電車はそれへのオマージュだったのか?、又2020年を控えてこの 黄害 の歴史をしれっと葬る意図もあって 黄色い電車 抹殺を急ぐのだろうか?
穿ったものではあるが、そういう見方も出来る。


sb40101@tok

黄色い電車 抹殺の刺客として増殖している40000系の第1編成 数日前・所沢駅付近にて
一見すると日立製に見えるが、この系列の製造は川重である。どうやら新たに製造された編成(第4編成)が近日中にも神戸からやってくる見込み。


西武という会社の歴史を見ると、新宿線の 2000系(Ⅰ) 廃車発生品を取り付け減車の上で 2000系(Ⅱ)完コピ車 6連(又は4連)に仕立上げ新宿線で使い倒すというまさかのウルトラC 的な事も決して考えられない訳ではないだろうが…



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ