Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

2017年02月

バルーンシリーズも2回目、ド定番化した戯れ系ショット!
世界中でとんでもない事が続出していて落ち着かないという御仁達には、この可愛らしさに心癒されて頂きたいものである。

 gumi039  gumi038

やっぱ風船は楽しい! 彼女のこの表情! 思い出すだけで、小生の気持ちも
最早、何も言葉は要らないというレベルか?(何やねん、そら?)


gumi036  gumi037

青い風船を片手にして…、彼女の楽しさも伝わるだろうか?
凄く楽しそうに撮っている様に見えるが、構図作りは結構難しい。風船もなるべくしっかりフレームに入れたい、だからと言って変な所が空くのは困る。構図が決まったと思ったら風船が動く(転がる)
その上、PENTAX の有効なフォーカスエリアは狭い。撮っている小生は見た目以上に大変なのだ。


gumi044  gumi045

ローズピンクと乙女 モデルちゃん達には何時でも大人気 必勝マストアイテム!
キュートさ倍増、肌に反射して肌も綺麗に見える。ローズピンクを持った時が気持ちも一番弾むのか、でもそこは女子らしい


まだルビーレッドが残ってる? よう気付いたなぁ! それを含めた残りのやつはPart 7 にて!

Oct. 24th, 2015 Pulchra撮影会 at Studio Coucou (江東区高橋)
PENTAX K-3+smc DA 35mm f2.4 Profoto B1(レンタル)使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のモデル撮影記、汲沢芽衣子嬢のシリーズは、少し早めだが?恒例バルーンシリーズに突入!
えっ? 最初からバルーンシリーズみたいなもんやんか!というツッコミは無しで…w


gumi027  gumi028

スタジオの階段の踊り場で撮ったが、実はこれがこの撮影会での最初のショット!
このモデル撮影記では撮った順番通りに掲載するわけではない。


表情も出だしのためか少し硬いか。いきなりバルーンから入ってはいけないという決まりはないし、これでお互い気持ちが上がればそれでイイ!


gumi029  gumi031

モデリングはスタジオ備え付けの蛍光灯ボックスで賄ったが、これが曲者。被写体の近辺だけが緑っぽくなってしまう事があるから、照明やストロボ類の色はなるべく似通った物で揃えたいのだが、それはなかなか困難である。

gumi032  gumi033

複数組でシェアしているスタジオの中でも、飛びきり華やかで目立つ
風船をこういう形で持たせた場合にまともに扱えないで四苦八苦になる娘もいるのに、彼女は結構上手く扱っている方である。
欲を言えば、風船が顔に少し触れる位に持ってきてくれたらもっと可愛いのだが。


gumi034  gumi035

ルビーローズが前に出ている時が一番華やかでキュートだろうか?
可愛らしさは文句無いと思うが(自画自賛?)絵的なバランスは微妙かも知れない、彼女の様な160cm程度の娘だと、11inch(28cm)の風船の主張が強くなり過ぎる可能性もある。だからと言ってサイズを9inch(23cm)に落とすと風船の存在感がイマイチ…。170cmクラスの娘だとこの部分は楽なのだが。

この手のスタイルの絵は小生にとってはモデル撮影を始めた時からのド定番なのだが、実は電車の中吊り広告にインスパイアされてのものである。
ファッション誌の中吊り広告で、2名のモデルがスティックにつけた風船(空気入りで浮かないやつ)を複数持って立っている絵が載っていたのを見て、イメージが固まったのであった。


こういう撮影は相手の気持ちが弾んでくれないと上手く回り難いのだが、綺麗なバルーンを手にして気持ちも弾んだのか、この撮影もそれなりに上手く回って行ったのである。

斯く斯く然々いんがすんがすん、てな訳?で、Part 6 へと続く!

Oct. 24th, 2015 Pulchra撮影会 at Studio Coucou (江東区高橋)
PENTAX K-3+smc DA 35mm f2.4 Profoto B1(レンタル)使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

このネタも只今Part 4
ここで登場するのはあの伝説の列車、北斗星! といっても勿論実車ではなく、関連グッズだがw


gumi018  gumi019

決して、バルーンシリーズfeat. 北斗星グッズではない。メインはあくまでも北斗星
バルーンのコーデは言うまでもなく、真っ赤なパーイチ牽引時代を基にしたもの
このサボ風プレートは両面で、裏返すだけで変化は付くので有難い。

gumi020  gumi021

このヘッドマークレプリカも直径30cm位あると存在感が出て色々使えるのだが…、このサイズだとこの様な使い方しか出来ない。そこで華やかさやインパクトを出すにはバルーンの助けが要る(ホンマかいな)
膝掛けになってしまっているマフラータオル、これもインパクトが弱い。このタオルは北斗星というより寧ろ、東北系の寝台特急を牽引していた真っ赤なパーイチをフィーチャーした物だからである。


ここから場所を変えて

gumi022  gumi023
北斗星グッズはJR 東日本だけではない、JR 北海道もこっそり便乗して出していた。それがこのクリアファイル。

gumi025  gumi026

彼女には素晴らしい鉄道文化であったブルトレの真髄に微かにでも触れてもらう事が出来ただろうか?
それこそ、歴代の寝台特急ヘッドマークレプリカコレクションなんて発売されたら、結構なヒット商品になるのではないか?
関西でも、彼女の幼少期にはまだ 彗星 (~2005)・ なは あかつき (~2008)が早朝になると上ってきていたが、彼女にそれらを見た記憶はあるのだろうか?
小生の世代ならブルトレ寝台特急というのは当り前にあったものだが、それらを全く知らない世代が増殖中なのである。

このスタジオ、結構窮屈で照明類の取り回しがし難い。だからといって、照明をきっちりセット出来ないと斜め後に大きな影が出る破目になる。
右画像=風船を椅子のクッションとフレームの隙間に挿すと、両手が空く。そうすればグッズ2個を持てるという事。


Part 5 へと続く!

Oct. 24th, 2015 Pulchra撮影会 at Studio Coucou (江東区高橋)
PENTAX K-3+smc DA 35mm f2.4 Profoto B1(レンタル)使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回に引き続いて南海グッズとのコラボしたヤツの第2弾。そもそも南海グッズをフィーチャーした絵を撮る事もあまりないであろうから、こんな時にでも大々的に載せておく。

南海のグッズはこのタオル2種だけなので、早速バルーンとの複合技に走る。バルーンのコーデは現在の装飾帯のカラーリングであるブルーオレンジ

gumi012  gumi013
床にタオルを彼女を挟むように並行に置いて、バルーンを「普通に」持たせる。この時点で南海タオルとバルーンのどっちがメインか判らない状態。
このタオルを背景として使える様に出来たら、南海にもっと主張してもらえたと思うと少々残念。
鉄グッズ+バルーンという複合技も当たり前になっていて、やりたくって仕方がなくなっている小生である。


gumi014  gumi015
風船を抱かせてのショット。複合技というより、早々にバルーンシリーズに入った様な錯覚すら覚える。両脇はタオル、直ぐ前には風船という形で結構窮屈だったかも知れないが、固まる事なくそれなりに変化をつけて撮れた。

gumi016  gumi017
風船を抱えている姿自体はとても可愛らしいが、「南海はどこ行った?」という絵になってしまった。まぁ、南海自体が大手私鉄の中でも影が薄い部類なのでこの辺で丁度イイかと言えなくもないがw
これで背景がライトクレーだったら南海にピッタリになるのだが。


このスタジオの中でもこのフロアはやたら白い 。壁も殆どが白で床も結構白い。色々な物の色は邪魔しないが、壁や床の反射率が高くなり、それが思わぬハレーションを引き起こし被写体のコントラストを落としたり色の出を悪くする事には用心が要る。
ただ、初めてのスタジオで、使える機材にも限りがある事を思うとそこの部分は結構つらい。


Part 4 へと続く!


Oct. 24th, 2015 Pulchra撮影会 at Studio Coucou (江東区高橋)
PENTAX K-3+smc DA 35mm f2.4 Profoto B1(レンタル)使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

汲沢芽衣子 嬢のPart 2 はこのブログ初登場になる南海電鉄グッズとのコラボ。
この年の5月に南海7000系等を狙って大阪に遠征した際に難波駅のショップで購入したのが、撮影会の小道具として活躍する事に。

小生が南海という言葉を口にした途端、彼女から返って来た言葉に少々驚いた。
南海ホークスの?」
彼女の出身が大阪とはいえ、年代からして南海ホークスなんて記憶にない筈である。実は彼女、野球オタクでもあった事が後に判った。(小生の事前調査不足

因みに、40代の小生ですら大阪球場に足を運ぶ事は叶わず、なんばパークスになってから数回足を運んだ程度である。
大阪球場のスタンドの急傾斜はテレビで見ただけだが、小生の記憶には今でも強く残っている。(実際に泥酔客の転落事故もあった様だが
なんばパークスでは、大阪球場時代のホームベースとピッチャーマウンドがあった場所にそれぞれメモリアルプレートが設置され、南海ホークスメモリアルギャラリーも9階に存在している。そのなんばパークスも完全オープン(第2期建設部分開業)から今年で10年になる。


gumi007  gumi008
こうや特別塗装を記念してのタオル。フィーチャーされたのは30000系・30001Fの「赤こうや
2016年が高野山開創1200年という記念の年になるのを記念して、2015年3月から約1年だけ特別塗装で走っていたのは記憶に新しい。
この30000系も30年オーヴァーとなり、何時まで「高野線のクイーン」でいられるのか?
この年の5月に大阪に遠征した目的の一つが、この特別塗装こうやだったのだが、思う様に行かず(夜行バスが新名神の工事等で遅れた事が最大の原因)。この赤こうやは撮れずじまい


gumi009  gumi010
2015年の夏、南海電鉄創業130周年記念事業の一環で、7000系が引退となるそのメモリアルとして7037F10000系10004F がリヴァイヴァルカラーとなり、なつかしの緑色サザンとして運転されていた。それをフィーチャーしたのがこのタオル。

gumi011

横位置でも撮ってみたが、長いタオルのおかげで違和感なく出来た。
南海電車も現在のカラーリング(グレー又は無地にオレンジの装飾)で走るようになって今年で25年になる。


Part 3 へと続く!

Oct. 24th, 2015 Pulchra撮影会 at Studio Coucou (江東区高橋)
PENTAX K-3+smc DA 35mm f2.4 Profoto B1(レンタル)使用




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ