究極の選択なんていうのは何処にでも存在する。その中には究極というより悲惨な選択としか言い様が無いものも多い。東京都民である小生も悲惨な選択を強いられたばかりの一人である。
勘の良い御仁ならお気付きになるかと思うが、21人も立候補したアレである(その内18人は泡沫候補ww)
ウヨクのK、 サヨクのT、 新型パシリのM というどうしようもない悲惨な三択だったのである。 その3人の中でも、K というオバハンは、報道番組のキャスター等をしていたし、T という爺はジャーナリストである。 報道から政界進出という「禁じ手」を平気で使う輩がこの国には多過ぎる事に違和感を禁じ得ない。(他には女子アナ崩れの大臣M、元大阪市長のH 等々)


さて、こんな悲惨な中で、投票率は50%程度だろうとの小生の予測に反して、59.7%と「かなり健闘した」のには少々驚いた。そして投票締切直後に威勢の良いオバハンK に当確が出て、結局2位以下には大差で圧勝というのは御存知の話。もう少し競ったら面白かったのに、思いっきりシラケた形になった。
唯一つ、100%の「官選知事」にならなかったのが救いと言うしかないのであろうか。序に言えば、一部で期待されたネトウヨのS という人の得票率は2%に留まった。


sumbil05

東京という場所は自治体とは名ばかりで、実質は「天領」というべきもの。(特にここ数年)
2020年に絡んで、更に天領化が進むというのは目に見えていた。そんな中、官邸の思惑で、I という人の首を挿げ替えるべく、傀儡として送り込まれた事実上の官選禿・M (前出とは別人物)があんな形で辞めたのであった。(IM 共々に、某・「し〇じ〇先生」出場資格を得た様なものだが)


そしてやはり案の定、「政治とカネ」が争点みたいになっての低レベル選挙を繰り広げた末に、小〇純〇郎(以前はK の師匠だった)仕込みの劇場型政治にまんまと踊らされた格好になったのは間違いなさそうである。
まぁ何時もの事だから驚きもしないが、50億円の経費を懸けて単なる「カーニバル」というのでは情ないとしか言い様が無い。


グローバル化したこの世界の中、資本主義と自由主義を標榜する日本という国である。政治一つで何でも変えられるわけでもないし、政治行政でコントロール出来る部分なんて本来は高が知れていると思った方が良い。(すべてを政治行政でコントロールするというのは旧ソ連、北朝鮮、中国あたりの発想)
ましてや、都政というローカルな政治でどうにかなる部分なんて大したものではないと考えれば、都知事や都議如きにそんな期待を抱くべきではない


それでも、国政の主権者は国民だから、都政の主権者は都民という事になる。
今更ながらに思う事だが、都政の当事者としての意識を持っている都民はどれだけいるのか?東京都民である事にプライドを持っている人間がどれだけいるのだろうか?
こんな所にも所詮寄せ集めのサラダボウルという東京の隠れた脆弱さが思いっきり見えるというものである。
そして何と言っても、国、都そして都民との間に横たわる乖離が余りにも大き過ぎる事を今更ながら痛感したわけで、その乖離が今回の悲惨な三択を強いられた元凶の一つではないかと思われる。
今回は特に参議院選挙の数日後で公示という事あって、選ばれる方も選ぶ方も準備不足な選挙だったのは明らか。


抑々、今の公選法は首長が立て続けに任期半ばで辞職するなんて言う事は想定している様に思えない。この際、公選法、地方自治法等を改正して、首長の任期中の辞職の場合は、その残り任期を副首長が務める様にすべきである。
更には、選挙で首長・副首長を一体で選べるようにしても良いのではないか。(憲法や他の法令と抵触がなければの話だが…)


何やらかんやら言うてもやはり、民度以上の政治は無い。東京の本当の民度は低いと高を括られても文句は言えない。
イギリスのアホバカ国辱投票を見て笑ってもいられないというのが現実。



※ これが旧ブログ(FC2)最後の記事となり、移転準備の為に旧ブログは更新停止となった。


当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

NOTICE
記事及び画像の無断転載・使用はこれを固く禁ず。
画像をクリックすると大きな画像が出る。