Dufftown 街角ミュージック

穏健リベラルの波とマイナーパワーがこの世を救う

2016年9月、FC2 から移転。
Blairfindy1号2号から大文字左京(だいもんじ・さきょう)に改名しリスタート
旧名義の画像が混在しているのは御了承願いたい

記事並び画像の無断使用転載はこれを固く禁ず!
画像をクリックすると大きな画像が出る。

2015年07月

コレは糞過ぎる! マイナンバー制度 Part 3

この度のマイナンバー制度が国民生活を更なる混乱と困窮に陥れる危険が高いという事を述べて来ている訳であるが、なりすまし犯罪フリーパス状態になるのは目に見えている被害にあったら最後、盗まれた番号は生涯不変だから、これだけだと、被害拡大を止める手立ても被害を回復する手立ても実際には無いに等しいという事になる。
にもかかわらず、フラットモデルを無理矢理導入するこの発想、机上の論理での辻褄合わせに終始し、現実的かつ時代に即した発想を持ち得ない厄人!の極みである。 抑々、国民一人一人には既に住基票コードという番号=非公開(本人ですら知り得ない)が付与されている。これを活用すれば良いのであった筈である。

住基票コードとリンクする分野別番号(公開)を付与する。各分野別番号・住基票コード管理システムはリンクさせる。不正取得・不正使用をされたらその分野別番号だけ取り換えるコスト面・安全面からしてもこちらのセクトラルモデル型にすべきだったのである。
将来的にフラットモデル型のシステムは破綻して、セクトラルモデルあたりに移行せざるを得なくなるとは思われるが、そこまで待つ程世の中暇ではない。この制度導入で、他人の共通番号を取得した者は、それを厳正に管理する事を強いられる。 各個人・各事業者の負担は非常に大きくなると予想され、マイナンバー不況なんて発生したらどうなるのか…、一部のIT 企業は間違いなく儲かるだろうが。 不況になろうが、破綻しようが厄人どもがその責任を問われる事は、絶対無い!
アメリカでもフラットモデル型は事実上廃止に向い、セクトラルモデルへの移行を開始している。この様な状況であるにも関わらず、宗主国アメリカ様の御失敗から学ばせて頂く事すら日本では不可能なのであろうか?


fugaku01


安全保障の話になると、「非戦闘地域で戦闘に巻き込まれる危険の非常に低い地域に派遣する」と答弁する奴は多いが、戦闘に巻き込まれない地域なら自衛隊を送り込む必要も無く、戦争や紛争が起きていればその周辺も戦闘地域にならざるを得ないのである。
後方支援は武力行使には当たらないなんて屁理屈をほざいても、後方支援も武力行使の一部というのが世界の常識。 しかも、特定秘密保護法を活用すれば、後痛い事は全てシヴィリアンコントロールの及ばない所でほぼ永久に闇に葬れる。(
これも安全保障とあまり関係のない所まで済し崩しで広げられるのも間違いない。

閑話休題して、マイナンバー制度の持つ大きな側面としては、国民に対する監視を徹底するには非常に有効なツールになり得るというのがある。実際にも、個人番号カードを国内パスポートの様に使わせて、常時携帯を義務化するという方向で話が進んでいる。今の政権は、市民を徹底監視する事に狂奔していると言って良いだろう。


ただ、現時点では個人番号カードを発行は任意なので、 個人番号カードへの切り替え申請はしないのが得策と言っておく。
共通番号法第7条には、住基台帳に記載されている者の個人番号が漏えいして不正に用いられる恐れのある時は、市区町村長はその者の請求又は職権により、従前の個人番号に代えて新しい番号を個人番号として指定し、その者に対し通知しなければならない。という旨の規定がある。
なりすまし犯罪が実際起きてからでは遅いが、近い将来民間分野への利用拡大となったその暁には、直ぐに起きるであろう。そうなれば、個人番号変更申請が殺到する事態になる事も十分に予想され、その時は大変見ものであるww
厄人が役人を駆逐し、政治は国会対策と予算のぶん取り合いマスゴミを使ってのペテンの数々この国の終りの始まりはとっくの昔に見えている

今、バカ面下げて五輪音頭なんて踊っている場合ではない!貧すれば鈍する! 
無知と鈍感で地獄までホイサッサ! 斯様心得よ!




)アメリカでは秘密指定の段階から厳格な制限があり、不服申し立てや解除請求も可能。
秘密指定から10年又は25年で解除され、更に原則公開となる。日本の特定秘密保護法にはこういう厳格な規定が設けられておらず、一部の官僚達の御手盛的措置がいくらでも可能とも言える状態。




※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jul. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

コレは糞過ぎる! マイナンバー制度 Part 2

前記事でも述べた様に、「マイナンバー制度」の様なフラットモデル型番号制を採用している国は少数派である上に、採用している国も人口が少ない、スウェーデンでは約1000万人、韓国でも4000万人である。(韓国については国民を徹底監視しなければならない特有の事情がある事も考慮すべき)
これに対し、日本の人口も1.25億人、遥かに多い。という事は、システムが巨大化し過ぎて、大規模障害が連発となるのは間違いない。


障害や不具合を出す度に、追加的対策という事で税金をがぶ飲みして、IT 業界の利権がバブルみたいに膨れ上がる懸念は大きい。
 
これから他人の個人番号を取得した事業者等がこれを厳重に管理する保証は全くない。廃棄抹消しなければならないケースでも、これを怠れば流出に繋がる。更には、故意か過失かを問わず何処かに漏らしてしまったり、借金のカタに売ってしまう様な可能性だってある。
何時潰れるか分からない様な小規模事業者の場合は極めて危険であると考えるべきである。この手のコンプライアンスに対して非常に無知・無頓着な事業者が大半だと思う位で丁度良いかも知れない。
それこそ、マイナンバーがブラックマーケットに流されたら止める手立てはない。名簿業者もここぞとばかりに大規模攻勢を仕掛けて来るのは明らかである。反社会的勢力の類がなりすまし犯罪で資金稼ぎを狙う様になるのも間違いない。


fugaku02

ここまで危険なシステムを導入する事自体、官僚的発想の極致なのである。
この部分を突っ込んだら、
「違反罰則を設けてあるから大丈夫」
「得られる社会的利益に比べたらなりすまし犯罪で失われる法益は僅か」、
挙句の果てには「性善説に立つしかない」 なんてぬかすのがオチ!

刑罰があっても犯罪は無くならないというのは犬や猫でも分る話で、こんな違反罰則如きでは悪用に対しての抑止力は期待出来ない
この国でもアメリカ同様、なりすまし犯罪が横行しまくるのは火を見るより明らか

この話長くなるので、結局Part 3 まで行ってしまう!




※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jul. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

コレは糞過ぎる! マイナンバー制度 Part 1

国民総背番号制度とも言い換えられるマイナンバー制度が導入されるが、これは結論から言うと、破綻が目に見えたシステムである。
納税、社会保障から始まり、医療、身分証明、旅券その他諸々の分野でも活用範囲を広げる予定になっている。行く行くは全ての分野において、生涯不変の共通番号を使わせるようにする、という訳である。これは非常に便利なシステムだという印象を国民に植え付ける様なプロパガンダも散見される様だが、霞ヶ関は国民を地獄に落とす最悪なシステムに手を出したのである。

この手の番号制を考えるに当たり、大別すると3つのスタイルがある事を弁えたい。
その3種類とは、以下の通り
セパレートモデル形=分野別に完全に異なる番号を付与して利用する方式。同一個人(法人)に対して複数の番号が付与されるが、その番号同士はリンクしない。
フラットモデル形=各分野・用途を越えて公開された一つの番号を一つの共通番号を使用する方式。今回のマイナンバーはこの形だが、兎に角今の時代これは脆弱で危ない
セクトラルモデル形=上記の2つの中間的な形とも言えるが、秘匿(本人でも知り得ない)番号=親分に当る物を作成し、これに対しリンクする分野別番号=子分に当る物を付与して使用させる方式。

 
fugaku03

現在、フラットモデルを採用している国は、韓国、スウェーデン等の一部の国であって、世界の主流では決してない!日本がこのシステムを無理矢理にでも導入しようとするその背景を考えると、我等が宗主国アメリカ様の御指示が元々あったと考えるのも妥当であるが、IT 業界を儲けさせて、厄人達の天下り先を潤沢にして、与党の票やカネも確保するという意図が透けて見える。

典型的な大規模公共事業としか言いようがない。 アメリカでもこれとほぼ同じ制度があったものの、既に廃止になっている。 なりすましによる犯罪行為が多過ぎて、それに伴う被害が余りにも多過ぎたため廃止したという事になっている。

被害に遭った場合、富裕層なら私立探偵を雇い犯人を突き止めて警察に突き出す事も可能だが、大多数の人間にとってそれは無理で、被害を食い止める事も回復する事も実質不可能だったらしい。

ただ、これ以前に、アメリカの人口は何せ3億! その3億人分の番号を管理するシステムだと巨大化し過ぎて手に負えなかったのであろう。

この話、Part 2 へと続く!



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jul. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

晋用してない! 端っから!

「安保法案」衆議院委員会強行採決の直ぐ後に、森・安倍会談で新国立競技場計画見直しの茶番劇。
IOC 総会というタイムリミットが迫っていたとはいえ、、出来過ぎた目晦まし、殆ど猫騙しレベルの話である。


ゼロベースで見直素というものの、他のオリンピックメインスタジアム並みにはならないであろう。1500億とか2000億とかいう辺りでお茶を濁して、結局はダム建設と同じような話にしてしまうのだろう。gdgdやっている内に、予算は膨れる一方で税金ガブ飲みして、利権にぶら下がる奴らは超オイシイ!というあの仕掛け。

最初に1350億という話になった時点でおかしいと思わなければならないのだが…、 五輪の言いだしっぺはあのミスター老害(1号)である。五輪招致だって都知事選の目玉、国費と注込ませて大型開発を進めようとした背景が見え見えである。そのミスター老害1号新銀行東京なんていう杜撰極まりない遺物を、選挙の目玉として作らせた張本人である。つまり、出発点から杜撰で糞過ぎだったのである。 ラグビーW 杯が五輪の前年にあるというのが、不幸な事を作り出した形になった。
ミスター老害(2号)の存在である。2号とはラグビーと北陸新幹線ですっかりいちびりまくりのあの「老害デブ」「老害MORI MORI 」ともいわれる北陸の78歳である。長い事スポーツ議連のトップだったという事で、その78歳が五輪組織委員会まで仕切るのだから最悪な事態は免れないのかも知れない。


fugaku02
 
「安保法案」の話になるが…、審議時間が110時間にもなったというが、この法案は10本の法案なので1本当りでいえばたったの11時間である。最重要と位置付けているその割には拙速で杜撰としか言い様が無い。中国・ロシア・北朝鮮等のならず者みたいな国に囲まれているのは事実、更には、所謂テロとの戦争と如何関わるという事もある。でも、だからといって、憲法を軽視して良い理由にはならないし、集団的自衛権を将来的に広げるべき理由とは言えない
抑々、日米安保とは、日本の個別的自衛権をアメリカの集団的自衛権で補完するという性格のものと考えるのが妥当である。 アメリカに対する公約という形にして、無理矢理進めたと言われても否定は出来ないであろう。
この安倍晋三という男、基本的に所謂「ジャパンハンドラー」の手先でしかないのは明らか、武蔵野の某DQN 大学の卒業、しかも小学校からずっとエスカレーターしたのである。憲法で許された範囲を大幅に逸脱する可能性が高い法律を無理矢理作る、それ以前に何かあれば、アメリカの御機嫌を伺って、アメリカの意向で発言もブレる、というのが、この男のレベルである。


この安保関連11法案、宗主国アメリカ様の御指示でというのが大きい。これが最大の理由かも知れない。 この10法案は集団的自衛権行使の入り口に過ぎない。日本も集団的自衛権を持って、いざこれを行使したいとぬかしたところで、そのイニシアティヴを持つ事など到底不可能である。イニシアティヴを行使し得るのは専らアメリカであるのは明白。
集団的自衛権行使に関する体制固めは第2弾、最3弾と続いて済し崩しで広げられて行くのであろう。こういう所から既成事実を作って、憲法改正まで済し崩し的に持って行こうという思惑も透けて見えるからタチが悪い。
この先の対応を誤れば、「折角のこの権利」もアメリカにいい様に一方的に利用されて、国益を専ら失う破目にだってなりかねない。 あの男が総理である限り、一人前の国も美しい国もあったものではない!
 

結局は対米隷属がエスカレートして、アメリカ様への御奉仕を更に強いられるだけである。 奇しくも嘗て、60年安保改訂の大混乱の際、岸信介は「まともな国民は今テレビで巨人阪神戦を観ている」とぬかして、国民をコケにする発言をした。
でも、国家の使命は国民の生命財産を守る事だという信念は明確に持っていたとされ、外交では、決してアメリカの植民地にはならない、対米独立という方針にはブレが無かったように思われる。


ところが、その孫は憲法も国民も根本的にコケにしている。五輪の言いだしっぺ、北陸老害デブ共々言うまでもなく、自民党清和会の人間=岸信介の弟子である。
こんなザマについて、岸信介は草葉の陰でwwwwwwww かも知れない




※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jul. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

想った程役に立ちそうもない?北海道新幹線

北海道新幹線のルートはもう御存知と思われるが、函館本線とほぼ並行するルートで、駅は新函館北斗・長万部・倶知安・新小樽・札幌という事になる。北海道が東京まで新幹線が繋がると言うだけで脳天気に浮かれているのならそういう奴等は精神科に通院した方が良い
倶知安・小樽周りのルートにはなったが、先ず如何せん、沿線人口が少ない!道内の移動需要を掘り起こすというにもたかが知れている!


札幌~東京間の移動需要に懸けると言っても、1000㎞を超えてしまう。しかも、最短ルートではない。最短ルートを採りたいなら、長万部から国道230号に近いルート=中山峠・定山渓辺りを経由で札幌にアプローチすべきという事になる。
実は、この最短となるルートも検討されていたが、地質等の絡みで、工事が困難とされて実現しなかった。有珠山・羊蹄山・昭和新山といった名うての火山が密集し、大規模噴火でやられるリスクが非常に高いから、抑々無理といえば無理といえる。
移動需要がまだ少しは稼げそうな、道央地域の室蘭・苫小牧・千歳を通るルートはというと…、かなり遠回りになってしまう。
最短でもなく、域内沿線の移動需要も少ない、如何足掻いても1000㎞を超える。これで東京まで近くなるとかいって脳天気に浮かれる奴等は馬鹿である!
航空機からシェアを獲ると息巻いた所で10%も獲れないであろう。下手すりゃ5%以下であろう。


yoichi 55東北~北海道間(仙台~札幌で約680㎞)の移動需要が作れれば、まだ勝算はあるであろうが、両地域の人口と地域経済を鑑みれば見込みは薄い。外国人観光客を当てにして収益見込みの数字の辻褄合わせをした所で、それは机上の論理に過ぎない。斯くして、中途半端なルート設定にならざるを得ず、青函トンネルの問題も絡んで、何を狙うのかが見えて来ない

見えるとすれば、毎度御馴染みの政治家と役人のメンツ土建屋と商社へのばら撒きというヤツ位であろうかww
小樽回りのルートになったのは仕方ないとしても、倶知安には駅を作るというのに余市に駅を造らないのは先見の明が無い!センスが無い!
倶知安なんていっその事中止にしても良いのではないか?
倶知安の代わりに余市(又は新余市)ニッカ前なんて作れば、倶知安よりは全然イイ!
こっちの方がまだ地域振興に貢献するかも知れないww


これは余市蒸留所限定のウィスキーだが、飲んだのは大阪w
ラベルをよく見ると、ピーティー&ソルティと御親切にも書いてある。
事実、ピーティーでソルティだが、それ以外は如何って事ない仕上がりで残念な酒。
死んでも有難がる代物ではない。それなのに500ml で12,000円位するらしい



「高速化・大型化・大容量化」で馬鹿の一つ覚えみたいにやれた時代はとっくに終わっている事を覚えおけ!
そういう間にも、「観光立国」「おもてなし」で、新たなバカの一つ覚えを繰り広げる日本人に付ける薬は無いのか?



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jul. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。


画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。
livedoor プロフィール
ランキング参加 1
ランキング参加 2
ランキング参加 3
ランキング参加 4
最新コメント
記事検索
livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ