Dufftown 街角ミュージック

穏健リベラルの波とマイナーパワーがこの世を救う

2016年9月、FC2 から移転。
Blairfindy1号2号から大文字左京(だいもんじ・さきょう)に改名しリスタート
旧名義の画像が混在しているのは御了承願いたい

記事並び画像の無断使用転載はこれを固く禁ず!
画像をクリックすると大きな画像が出る。

2015年06月

Châteauneuf-du-Pape Cuvée des Cadettes 1998 Château La Nerthe


ner98cad01

Château La Nerthe
CNDP 最古且つ最大の生産者の一つと云われ、クオリティ的にもトップクラスなのは間違いない。その歴史について書面上は1560年まで遡れる事となっているが、13世紀には既に存在していたとされる。
イタリアはピエモンテ(Piedmont)に起源を持つTulle de Villefranche 一族が初代オーナーで、この蔵の旧名はGrange de Beauvenir というらしい。18世紀中盤の時点で50haの畑を有し、1784年にはワインの自社元詰も始めている。 800年ともいわれる歴史の中で数回の所有者交替を経験し、フィロキセラ被害も第2次世界大戦の戦禍もくぐり抜けて現在に至っている。


今や赤ワインでは完全除梗での醸造が世界的に主流だが、19世紀の時点で試験的にとはいえ、この方法を取り入れたとされる。(何から何まで完全除梗というのには小生は反対である!)
1941年から " Nerthe " ではなく、" Nerte " と名乗っていたが、1985年に現オーナーのRichard 一族の手に渡って " Nerthe " の表記に戻った。2008年、醸造責任者がAlain Dugas からChistian Voeux に交替。
又、CNDP で許される13品種全てを栽培する数少ない生産者でもあり、CNDP だけで紅白合せて5種類のワインを出している。更に、その畑での葡萄栽培は有機農法である。
現在ではローヌ南部地域に90haの畑を有し、傘下のDomaine des Renjarde ではCôtes du Rhône villages、Prieuré de Montézargues ではTavel も作っている。


ner98cad02
Cuvée des Cadettes
はこの蔵の赤の最上級品で、19世紀にはデビューしていたらしい。当時はGrenache 100% で、20世紀初頭に複数種のブレンドに変ったらしい。現在はGrenache 40%・ Syrah 30%・Mourvèdre 30% 位の割合で、新樽の使用率が80%にもなる。平均生産量は1700ケース程度。 

先ず、色合いは、中程度からやや深めのガーネット シナモン、クローブ、黒胡椒、五香粉、リコリス、ビターチョコ、葉巻、Kirsch苺、ラズベリーブラックチェリー、ブラックベリーCognac、 Maraschino、Buton…、という辺りの要素達が出て来る。

かなり高いレベルの凝縮感、持続力、広がりを感じる。剛直さで押してくる場面もあるが、それだけのつまらないワインではない。 酸もタンニンもまだまだしっかりして明瞭であるが、収斂性は全く感じない。
高い凝縮感がそれらをいい具合にカヴァーしてかなり良いバランスを保ち続ける。総体的に、モダンともクラシックの何れとも言い難い微妙な所を突いている様に見えるが、梅酒の様な喉越し&旨味感と共に、結構な迫力と伸び、膨らみのある長いアフターは評価出来る。

崩れずぶれない躯体、スケールもかなり大きく、階調感も豊か
。この時点でも実力は見せてくれたと思うが、まだまだ「育てられた」可能性がある。

Les Meilleurs Vins de France 的な感じで点を付けるとするなら…、18~18.5 / 20



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(2015年6月)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです

川崎駅周辺で逢えるアーティスト達 其の拾六

mu-ton02 川崎というと嘗て1970年代は公害訴訟が起きるなど、大気汚染や公害という負のイメージも強かった。
90年代には、ロッテオリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)やヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)に「逃げられた」という過去もあるww。

そんな川崎の町興しとして、音楽のまち・かわさき というプロジェクトが「音楽のまち・かわさき推進協議会」 という民間団体のもとで2004年から進められ、去年10周年を迎えている。
その一環として、川崎駅周辺では毎週末・祝日を中心に「公認路上ライブ」という形のステージイベントが開催される。西口MUZA ゲート前、京急川崎駅側の銀座街アーケード内を主に、市役所通東横インエントランス、川崎信用金庫かわしん広場等の会場も不定期で設定される。
そこでパフォーマンスを行うアーティスト達はかなりの数になるが、その中から一部ではあるが当ブログで簡単に紹介して行きたい。逢える確率はアーティスト毎にかなりバラつきがある。各種音楽イベントの内容・日時・出演者等に関しては音楽のまち・かわさき公式HP
のイベント案内の項目を随時チェックされたい。


IRI006  IRI003

IRI010  IRI015
(上段=2015年4月、下段=2015年5月撮影)
I R I (あいり)
出身は逗子市
母親の持っていたM.Jackson のCD を学校に持ち込み、教壇の前で踊っていたというのが小学校1年生の時。
中学生になると、ジャズクラブに通う様になり、本格的にアーティストを目指す様になる。高校の3年間で120回のライブを体験。
慶応大学進学後もライブ活動を続け、作詞・作曲・編曲も行う様になり、21歳でN.Y. に渡る。その後L.A. でプロデューサー日向大介の目に留まりデビューに漕ぎ付ける。更には、去年N.Y.・L.A.・東京を回るライブツアーを敢行。 パフォーマンス形式はピアノ弾き語りだが、R&B に影響を強く受けて、そのテイストを感じさせる。
モットーは「自分の信じるものを歌う」



yukhr03n  yukhr04n

yukhr101  yukhr119
(上段は2014年、下段は2015年のもの)
ゆきこhr(ゆきこ・エイチアール)
Born Oct. 26th, 1990 in Miyazaki perf. 身長162cm、血液型はA
「Rock歌謡シンガー」という肩書きを持つソロシンガー。マネージメントはGirls専門レーベルPoNY TAiL
売り文句は「歌の世界の女優」「歌い狂う姿は一つのドラマ」ライブ活動以外にも、メジャーアーティストの仮歌入れや、イベントやCATV 番組のM.C.もこなす。
実は去年、ソロを休止しバンド活動へシフトする計画もあってファンをヤキモキさせたが、実現せず。従来通りソロシンガーとして活動を続けている。 普段はかなり訛っているらしくwww、これは本人も認めている。
合言葉は、「やっちょんなぁ~、やっちょんよぉ~」




※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jun. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

南海初挑戦の件 Part 2

初日朝の撮影が、消化不良気味な形で終わったので、2日目に高野線リベンジを考えざるを得なくなった。その夜に思い悩んだ末に、当初の予定通り南海線に繰り出す事を決意。

明けて2日目、6:40頃に宿を出たが、朝から暑い!難波から和歌山市行きの急行に乗ろうとしたが一足違いでアウト、仕方なく約10分後の空港急行を選択。和歌山行きの急行より停車駅が多く、結果としてやや遅い
貝塚で降車したが、後続の普通まで10分近くあった。改札を出て直ぐにタクシーで鶴原を目指したが…、途中は結構混んでいた、何せ朝の通勤時間帯である。


貝塚といえば、ユニチカ!、ユニチカといえば横山樹里…って、古過ぎるやろwww (註) 貝塚の象徴みたいだったユニチカだが、近い将来その名が貝塚の町から消えるかも知れないらしい。
二色の浜の辺りで泉佐野市に入り、鶴原に到達。駅の前でタクシーを降り、線路の反対側に渡ろうとしたら、踏切が閉まり…、やって来たのは、件の続行の普通。 10分待って普通に乗った方が良かったやないか!ドアホ! 戦闘開始が予定より遅れて8時になってしまった。取敢えず、駅南側直ぐの踏切の隅に陣取ってみる、が…


nk7157@tshr01

4両の普通なら撮れるが、6連以上では無理(架線柱とケツがモロ被り)と判って、作戦を練り直して10m 程移動。しかしそこでも苦難と誤算に見舞われた。

nk7133@tshr01

南海線の主役・特急サザン7100系10000系 如何に足掻いてみても、編成を架線柱に掛けずに完全に抜く事が不可能と判り、こんな撮り方しか出来なかったのは誤算だった。しかも4連の普通だと、架線柱と編成末尾がモロ被りなので、6連・8連の優等列車に懸ける事とした。

nk8011@tshr01

こちらは8000系サザンプレミアム12000系特急サザンだが…、何とも無機質、人呼んで6月的(=湿気ていて取り立てて何も無い)ルックスwww この秋から登場とされる8300系使用のサザンも登場するのであろうか? 8300系増備に合せて12000系も再増備という事になった場合、いよいよ10000系もカウントダウンに入るのか?又、12000系に続き8300系も後パンなので、南海は前パン車は作らないという事になるのか?

nk3513@tshr01

一見、東急8000系の亡霊と見紛う様な感じだが、勿論これも南海車泉北高速からトレードされて来た3000系空港急行)も南海線で捉えた。泉北時代の車番やエンブレムの跡が痛い感じだが、南海に移籍しなかったらこの路線で見る事は出来なかった。 これならもっと井原里寄りのポイントで構えた方が良かったか?結果は如何だったか分からないが。ネット等でそれなりには下調べをして行ったのだが、実際やってみるまで分からない事も多い。現地ロケハン無しの、ぶっつけ本番の様な形でやれば、悲惨な結果になる事も多い。

nk1005@tshr01

南海
での推しメン(推し電?)がこの1000系だったりする。先頭2丁パンタで、しかも塗装車!これはポイント高い! 空港アクセスの急行は京急ではエア急(エアポート急行)だが、南海ではそのまま空港急行 トータルで2時間弱粘ったが、結局メインターゲットの7000系8連は来ず…、早々と羽倉崎に行ったままお休みしてしまったらしい。 7000系自体は1回だけ撮れたが、それも7100系との混結。梅雨明けを見計らってリベンジしようかと思い始めている小生である。梅雨明けには既に旧塗装復刻版サザンが走っている筈なので、押えに行く価値はあるか? 終了後は8000系普通→1000系急行と乗り継いで難波に戻り、一風呂浴びる。最後に入る冷水風呂がこの日も効く~っ!

ここからは午後のショットを数点…

281@umeda01


午後、新梅田シティの近辺に行き、梅田貨物線を走る381系くろしお及びはるかを収めたが、その時点で15時を少々過ぎた程度。当然、お疲れ様には早過ぎる。中津から南茨木に移動し、あの有名な踏切で阪急京都線を撮影。異なるアングルで撮った画像2点を紹介する

hk7304@mib01

7304F
試運転 車番の表示位置が変り、前照灯もLED 化されているが、7320F の顔面整形と比べると中途半端でインパクト薄ww 前にも触れたが、あの箱(画面左下付近)が如何せん邪魔である

hk8300@mib01

8300F
普通梅田行き、正調の額縁スタイルのままなのが良い!このアングルだと240mm 相当になるので、シャッタースピードを徒に早くせず、その分絞って被写界深度を少しでも稼ぐのが得策。 17:30まで何とか粘り、漸く閉店、ガラガラ!

南茨木駅ビル内の喫茶店で休憩後、準急5300系に乗り淡路で天下茶屋行き=8300系に乗り換えて、堺筋線に入り南森町へ。堺筋線に乗ったのは何年振りか記憶が無い位であった。(西天満には南森町より北浜の方が若干近い事が後に判明したw)

そして、夜は遠征の仕上げとして西天満のこの店でウィスキーを嗜んだ。小生としては大阪に行って Bar Rosebank に行かない訳には行かない。新大阪からのぞみ64号(N700系K 編成)で帰京したが、帰宅した時は当然の如く日付が変っていた。


(註)
ニチボー貝塚時代は1959~66まで258連勝を記録。62年のバレーボール世界選手権に単独のクラブとして参加し優勝という信じられない偉業も達成。チーム名は69年からユニチカ貝塚、77年にユニチカとなり、91年にユニチカ・フェニックスになる。 97年の貝塚工場操業停止に伴い、2000年7月に活動停止。日紡貝塚からの通算で国内主要タイトル獲得回数は60近くに上る。同年9月に東レにチーム移籍し、東レアローズ女子チーム(本拠地は大津)になって今に至る。
現在、ユニチカ・フェニックスの名は同社のラグビー部に引き継がれている。




※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jun. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

南海初挑戦の件 Part 1

阪急京阪近鉄叡山阪神… まさに猛者揃いの関西の私鉄の中でも南海電鉄なんていうと、第1にダサい、そしてステンレス車が多く、焚付けてくるものが無い様に思えて、本格的に撮影した事が無い。
2008年10月に少しだけ駅撮りをしたが、本格的に撮ったと言えるものではなかった。


しかしここに来て、381系がくろしおから撤退阪和線の103系も置換が迫り南海7000系の終焉特別仕様こうや運転といった事があったので、泉州方面に久し振りに繰り出してみる事にしたのである。 この決断をさせてくれたのは、ハビジン氏のブログであった。

なるべく早い時刻に大阪に着く様に、夜行バスの早いスジを探して、乗車したが… 新名神が集中工事で使えず、名神経由となり、遅延は確実とアナウンス。しかも、東京~大阪間なら休憩は通常2~3回あるのが普通であるが、このバスは休憩が1回しかないという(他に運転停車みたいなのが2回)結構スパルタンなもの。3列独立といいながら、座席はやや狭く、乗り心地もあまり良いとは言えなかった。
この夜は首都高も東名も工事渋滞・事故渋滞が多過ぎたのであったが、抑々このバスの運行ダイヤに余裕が無く、カツカツだったとしか思えない。当然、渋滞が少しでもあると致命傷である。


大阪までの乗車予定を切り上げ、京都からはるか1号に乗れる可能性に懸けたが、そんなこんなで、1時間弱も遅延して京都駅前到着が5:45。はるか1号にも乗れず、予定が大幅に狂ってしまった。
京都からJR の快速(6両なので異常に混んでいたorz)、大阪から地下鉄に乗り、難波到着は7:00、そこから普通に乗って我孫子前に向かう。この時点で予定より30分以上の遅れ、メインターゲットの一つだったりんかん2号11000系30000系・赤とは天下茶屋付近ですれ違う破目に。


いきなり戦意を削がれた感があるが、予定の地点に到着し、アングルを探すが意外に障害物が多く、架線柱とフェンスの間があって齧り付くのも困難で、結局は踏切の隅に陣取る事となった。
困ったのはそれだけではない!空を見れば予想したより雲が多い… 案の定、思いっきり曇られたケースもあり、その一例がこれ!


sem5505@abkm01

この時区急準急は何故か悉くスロー走行だったので事なきを得たが… 泉北高速5000系・5505F 松本零士デザインのハッピーベアル塗装この塗装、1999年からもう15年も続いている(カシオペアと同期とも言えるw)とは驚きw
この後も立ち位置を少しずつ調整しながら、最適なアングルを探したが、その間も時々雲が流れて来てストレスの溜る展開が続いた。8時を過ぎて暫く経つと雲が減って行けそうな感じになったが、予断を許さない。
そして、りんかん2号を逃した小生にとって、残されたもう一つのメインターゲット=りんかん4号を待った。組み合わせは31000系・黒30000系・紫しかない。


nk31000@abkm01

よく見ると、微妙に曇られている、sh*t ! その上、31000系が難波寄りに入ったので、先頭2丁パンタにもならず…orz
雲が去って、状況が安定したのは8:30からだったが、気持ちを取り直して、撮影を続けた。ここからは、南海の一般車を!


nk6302@abkm01


高野線の主力
6300系7100系の高野線ヴァージョン。御存知の通り、元は6100系。更新時にパイオニア台車からS 型ミンデン台車に履き替えて6300系になった。編成替えが途中で行われているために、6連でも、難波方からM-T-M-T-T-M の配置になっている編成と、M-T-T-M-T-M のものがある。

nk6029@abkm01

奇跡の車!
 不死身の車! はたまた、ゾンビブギーマンか?(註1)
色々言い方はあるが、登場から50有余年、全72両で廃車どころか他社譲渡すら1両も無し! 前照灯部分にまでコルゲートを施す念の入れ様には脱帽www
その名は
南海6000系!
片開き扉一般車の最後の砦!ただ近年はさすがにドアエンジンの部品確保が困難になってきたらしいので、廃車が出るのも時間の問題か? 6100系は台車履き替えの際6300系になったが、6000系は台車履き替えをしても6000系のまんまだった。 兎にも角にも、6000系・6300系・6200系の云わば6000三兄弟は2010年10月以降、どの組み合わせでも併結が出来る様になったのである。橋本側が6000系なのに難波側が6200系という組み合わせを実際見ると、そのミスマッチ感が半端なく、それだけで笑える。


nk2022@abkm01

2000系
ブツ・クアトロ=2連×4急行が難波を目指す。ズームカーの8連だと実際の長さは20m 車の7両分。 パンタ出血大サービス状態で8個も上がっている!騒がしいのか豪華なのか受け取り方は分れるとは思うが…、これこそ関西私鉄、こう来なくっちゃという絵である。

9:30頃に撮影を終えて難波に戻り、この日はレンタカーを借りた。先ずは近くのスーパー銭湯にてリフレッシュして、昼時は東大阪の街外れみたいな所に行き、買い物。

午後は上野芝に向い、駅付近の路上から阪和線を撮影。ターゲットは勿論、381系103系
その後夕方大阪市内に戻り、レンタカーを返却。小生としては阪神高速初体験だったが、この日だけで3回走った。阪高名物?H システム(オリジナル)は実際見てみると、wwwww!(註2)
その他の部分も注意深く見ると、オービスの警告看板として一般的な、 自動速度取締機設置路線 の看板も、阪高では 自動速度 監視機 設置路線 となっている。


夜になって難波のカプセルホテルにチェックイン。再び外出し北新地のBar Parkmore に飲みに行った。この店も大阪に行く時のルーティンの一つと化した。カプセルに泊まりたくはないのだが、大阪や堺のホテルは確保し難く、料金も高騰している。明らかに外国人観光客急増の影響である。
その背景として、イスラム過激派等によるテロの危険が今の所少ない事が一番大きいと思われる。 この日の夜の時点で、翌日に高野線リベンジマッチをやるか、7000系狙いで南海線に繰り出すか迷っていたのであった。 果たして、


翌日向ったのは高野線南海線か? 2日目の話はPart 2 にて!


(註1)
B 級ホラー映画" Halloween " に出て来る不死身の殺人鬼
(註2)自動速度取締機の一種だが、旧来のフィルム記録ではなく、画像データとして伝送する形。 H は阪神高速の略で、円形のレーダーアンテナと赤外線カメラが大型のボックスに埋め込まれている。全国的に見られるのは新H システム=はんぺんアンテナとカメラのヤツ、LH システム=H のループコイル版。




※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(2015年6月)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

モデル撮影記 黒石沙和未 Part 6

変化を付けてみたくて、途中からピンクの風船も追加した。

kur035

あまり使わない横位置の画像も撮ってみたが、風船まで上手くフレームに収めるのは困難だった。画角を広げれば良いと言われるかも知れないが、絵的なバランスとの絡みが難しい

kur036  kur041

乙女ちっく感全開!
ワイルドベリーが特にお気に入りだったらしい

kur038  kur040

本当に嬉しそうに風船で戯れてくれるところが兎に角カワイイ!

kur042  kur043

正座に近いポーズがある程度の時間続いたので、足がきつかったかも知れないがw
足を崩した姿勢で撮れてれば変化が付いて女性らしさももっと出せたか…、スカートの形状によっては足が崩し難いという事もあるのは難しい。
終了後は、彼女にワイルドベリーゴールデンロットをプレゼント!嬉しそうに貰ってくれると小生もホンマに嬉しい! 
彼女も自身のブログで、「めっちゃ嬉しかったー」だって  



Jun. 29th, 2014 at Studio Aya
PENTAX K-5+smc DA☆50-135mm f2.8・モノブロックストロボ2機使用




※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Jun. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。


画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。
livedoor プロフィール
ランキング参加 1
ランキング参加 2
ランキング参加 3
ランキング参加 4
最新コメント
記事検索
livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ