Dufftown 街角ミュージック

穏健主義の波とマイナーパワーがこの世を救う

2015年03月

モデルの撮影会は都内ばかりではない。春日部、しかも中心から少し外れた豊春という所でモデル撮影会を行っている所がある。当サイトからもリンクしているGINNENN 撮影会である。
片田舎という感がある様なその場所で、ある夫婦が自宅の一部を撮影会スタジオに改装し、開催しているのがGINNENN 撮影会である。
約1年前に撮影したネタを公開する。 ただ、ここで困るのはスタジオに大型定常光の用意が無いという事である。当時物撮り用に購入したばかりの定常光照明も車に積み込む事になってしまったorz


この日、朝一番秋葉原で道具を買い足し、首都高を走り埼玉に行った。昼時は大宮公園~大和田間で東武野田線を撮影し、その後にスタジオへ。
さて、今回登場のアメミヤケイコ、この名は去年秋以降名乗っているもの。
撮影当時はRain、Miss Black Rain等の名を使っていた。シンガーソングライター兼モデルという形で活動しているらしい。今でもGINNENN のサイト上ではRain となっている。
現場に入って、定常光の組み立てから始めなければならないのには結構参った。外してあったランプを一つ一つ組み込んで、ディフューザーを取り付け…、というのは大変である。


amem001  amem002

amem003  amem004

左上を除いた3点はもう御馴染みのNFL レプリカボール。3点の画像は全く一緒に見えるが、よく見ると微妙に違うww
小道具を使った撮影に不慣れなのかも知れない。しかもお互い初対面という状況では、絵のイメージを作り難い中で進めて行かなければならない。モデルさんも固くなってしまうのも仕方が無く、こちらがもっと色々要求出来る様に準備しなければならない。

amem005  amem006

今年のラグビーワールドカップ・イングランド大会も今年になって漸く一寸ばかり話題になってきているが、今になってもこのボールが何かを理解出来ない娘は多い。でも以前からこのレプリカボールは売られていたのである。
" 2019 JAPAN " というボールもいずれ発売されるであろうが、恐らく早くても来年の事であろうから、それまではコイツを使い回す。


amem007  amem008

先月末日、日本選手権決勝を以ってこのシーズンは幕を閉じたが、ヤマハ発動機ジュビロが絶大なインパクトを残した!
トップリーグで決勝進出を果たし、日本選手権ではサントリー・サンゴリアスを下して優勝!
これは誰にも予想出来なかったであろう。件の決勝戦は予想以上のロースコアゲームになり、ハーフタイムを15-3 で迎えるものの、後半は全くのスコアレスでそのままノーサイド。こんな試合も珍しいw
ワールドカップ後の次期シーズンも本命無き状態で行く事が十分予想される。そのジュビロを優勝に導いた清宮克幸が「今度のワールドカップ失敗したら、次期代表監督候補の一人として名乗り出る」とのたまったらしいww


Part 2 に続く!

Feb, 22nd, 2014 @ GINNENN
PENTAX K-5+smc DA☆50-135mm f.2.8
smc DA-Limited 40mm f.2.8+AF540FGZ
モノブロックストロボ1機使用



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Mar. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

大手マスコミがこぞって今夜大々的に報道しているのが、「北斗星ラストラン」今日限りで完全に廃止という前提で報道している様だが、これは誤報になってしまう。
4月2日から8月22日まで不定期列車として50往復程度の運行が予定されている事が、JR 東日本・北海道からアナウンスされている。
よって、北斗星についてはラストランというは間違いで、あくまでも定期運行終了なのである。たとえ、「4月からは臨時列車として…」という件を最後に付け加えたとしても大きな誤解を与えかねないという事になる。
トワイライトエクスプレス のケースと区別がついていないのである。


マスコミの質の低下は今に始まった事ではないが、それも遂にここまで来た
かという感じである。こんな所にも「マスゴミ」化が透けて見えると言ったら言い過ぎだろうか?
しかも、寝台特急では瞬間的に大騒ぎするその一方で、 北越 はくたか あいづライナー はほぼ完全無視なのだから、笑止千万である!


序に思い出したが…、2008年7月の洞爺湖サミット(G8 Summit #34)の時なんか、国内のマスコミは恰もこれで日本の行く末が決まるかの様な大袈裟な報道を連日繰り広げていた。
サミットなんか70年代の後半位から形骸化しているのが明らかなのにもかかわらずである。海外のマスコミの扱いが糞みたいに小さいのとは対照的で小生もクソワロタwww記憶がある。
シャンシャン総会みたいに形だけ会議をして、あとは記念撮影と晩餐会。そんなの解っているくせに大袈裟に煽る様な報道に終始したからクソワロタのである。


アホ過ぎなのは何もマスコミだけではない!
「粛々と」を呪文か何かの様に乱用する政治家・役人が多いのは御存知の通り。 この言葉の意味を分かって使っている様には思えないケースがやたら多い。辺野古の問題がその最たる例であろう。御存知の通り、海の埋立準備を進めている最中だが、その中で、国でさえ沖縄県知事の許可を得ずして行えない事まで、沖縄県を一方的に無視して、ゴリ押して進めている。国が違法行為を率先してやっていると言われても文句はあるまい。これでも、政府サイドは「粛々と」進めて行くとぬかす。何が「粛々と」なのだろうか?

「粛々」という言葉の意味は、静かで厳かな様
という事である 「道理や法令さえ無視してゴリ押す」「一方的に力ずくで」「どさくさに紛れてバレない様に等という様な意味ではない!

「安全保障」「日米安保」をマジックワードとして振り翳し、同時に国内の対立・分断が加速されかねない様なやり方をするのである。沖縄vs中央政府の対立が激化する危険性を見て取ったアメリカ側からも懸念が出される始末である。

sbchi

アホバカマヌケのすっとこどっこい、頭の中身はこの絵の様にお寒い輩が多いのである!
(この絵は2014年2月・西武秩父駅前にて撮影)


※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Mar. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

mu-ton02 川崎というとあの事件で毎日の様に名前が出てしまっているが、嘗て1970年代は公害訴訟が起きるなど、大気汚染や公害という負のイメージも強かった。
そんな川崎の町興しとして、音楽のまち・かわさき というプロジェクトが「音楽のまち・かわさき推進協議会」 という民間団体のもとで2004年から進められ、去年10周年を迎えている。
その一環として、川崎駅周辺では毎週末・祝日を中心に「公認路上ライブ」という形のステージイベントが開催される。

西口MUZA ゲート前、京急川崎駅側の銀座街アーケード内を主に、市役所通東横インエントランス、川崎信用金庫かわしん広場等の会場も不定期で設定される。
そこでパフォーマンスを行うアーティスト達はかなりの数になるが、その中から一部ではあるが当ブログで簡単に紹介して行きたい。逢える確率はアーティスト毎にかなりバラつきがある。各種音楽イベントの内容・日時・出演者等に関しては
音楽のまち・かわさき公式HP のイベント案内の項目を随時チェックされたい。


kisnr01  kisnr04

kisnr07  kisnr10
(上段は2013年、下段は2011年撮影)

きしのりこ

千葉県市川市出身。川崎でも古株の部類に入ってきてしまったが、根強い人気を誇るアーティストの一人!
幼少期に長唄を学んだのを始めとし、中学・高校時代はミュージカル部に所属し音楽の基礎を習得。2004年から作詞作曲及びライブ活動を開始しているが、画像の様なピアノ弾き語りは2008年から。これまで6枚のCDをリリースしている。ピアノ以外に三味線も得意にしている。
FMうらやすで2009年から「ぼけぼけRadio」という番組を持つ、同局で「Bay City Caller 木曜版」にも出演中。メッセやQVCマリンで御馴染みの幕張の地元民達と協力して「まくはりのうた」という曲も作っている。


suicary002  suicary004

suicary006  suicary008

水華かりん (すいか・かりん)

本来は水華という4人組のバンドのヴォーカルであるが、この様にソロで出て来る事も多い。
出身は川崎市、1993年に特待生としてスクールメイツ入り。その後進学した神奈川県立麻溝台高校ではチアリーディング部に所属し、全国大会優勝を経験。
1999年よりバックダンサー、バックヴォーカルとして活動開始。 2007年上海に移住、上海時代はヴォーカルコンテストで優勝する等の成果を挙げた。2011年には台湾に移住。この頃に水華を結成した模様
2013年6月、水華としての初のCD “ SINGER SONG LIFE “ をリリース



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(2015年3月)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。




当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

時期が冬場という事もあり、K-3 の更なるテストの場として、ここにも行ってみた。京急の鉄板な撮影地である、金沢文庫~金沢八景間でJ-TREC と京急の線路に挟まれたあの場所である。
線路がほぼ南北という形で走っているので秋冬から春先が光線的には良い。
有名撮影地で、週末だと必ず数名はいるようだが、ここは被るリスクが高い。急行と快特で被り易いので、結構ハラハラドキドキさせられるwww


kq2173@jtc01

2100形第10編成に当たる2173F 快特
2ドア故に厄介者扱いされろ事も多いが、今や関東の私鉄の数少ないスターの一つ。更新車に付いているマークが無いのでこの編成は未更新か 普通と急行はゆっくりやって来るのに対し、快特だけは異常に飛ばしてくる。
八景で普通を追い越すためと思われるが、文庫と八景の一区間(1.4㎞はあるが)でそんなに飛ばすのは合理的とは思えない。(八景も全列車停車)文庫でも緩急接続は出来るのだから、文庫で追い越すダイヤにしたら、無理して飛ばす必要も無くなると思うのは小生だけだろうか?


kq2031@jtc01

通常塗装の2000形
1982年登場で、翌83年にブルーリボン賞獲得=京急史上唯一デビューから30有余年になり廃車も既に発生しているが、未だにファンの多い名車である!


kq825@jtc01

徐々に廃車が出ている800形 1978年登場で近鉄30000系国鉄50系客車と同期に当る。
翌79年、近鉄30000系はブルーリボン賞、この800形50系客車とローレル賞を分け合った。これが京急唯一のローレル賞受賞
エンスーなファンを多く持つとされる京急で、ブルーリボン・ローレル賞も1回ずつというのは意外な気もするが、車両の形式数が比較的少ない会社であるし、あの阪急でも1回ずつなのだから気に病む事もあるまい。


kq1001@jtc01


kq1169@jtc01

現1000形から2種、上=アルミ車8連・第1編成の急行 下=ステンレス車6連の普通
何があっても、1000形はアルミ車に限る!これは一目瞭然!
1000形ステンレス車、それは人呼んで…裏切り者、又はレネゲイド(renegade)、そしてその姿は結構ブサイクwww
この姿に撮る気が失せるorz もうこれ以上増殖せんでもらいたい!


御存知の様に、線路が途中でカーブしているので、列車を最後尾まで綺麗に写せない。ポジションによっては超望遠を使って正面気味のストレートショットを狙う事も不可能ではないとも思われるが、文庫駅寄りで結構被りそうな感じなので慎重な検討が必要であろう。

鉄道撮影に関しては、LV(ライブビュー)を使ってピントの山を確認しながら、ピントを置くやり方が多い。
ただ、その際にこのK-3 のLV では見え方に癖があるのか、そのピントの山が少々掴み難いという印象を持つ事があった。慣れれば大丈夫と言えなくもないが、不安を覚えざるを得ない部分があった。


この件、Part 4 へと続く!


※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Mar. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

K-3 の試し斬り、鉄道部門第2弾である。
デビュー戦翌日の朝、京成本線は町屋~千住大橋間のカーブに行ってみた。ストレートのショットは試せたので、カーブショットの具合を確かめたかった。京成の撮影自体は、去年の夏に立石付近で数回行っているのであるが、この場所となると実に2年振り位になるだろうか。


ks-ae09@senj01

主役は何と言っても、山本寛斎氏デザインの2代目AE 形AE100形のシティライナーの運転も僅かな本数になってしまった今、他社の車の来ないこの区間でコイツを狙わずして何を狙うという感じである。

ks3611@senj01

3600形の特急成田空港行き。側面だけでなく顔にまで付いているいかついコルゲートが旧世代という感じを醸し出す。小生の年代なら、ステンレス車にはコルゲートやビードがあるのが当り前だったのだ、今出来のフラットよりこういう方が質感が出て絵にし易いと思われる。 2月末日で3300形が消滅した今、3400形の置換が開始されそうな情勢と思われるので、押えたい人は急がれた方が良かろう。5編成しかないので、シャッターチャンスも限られる。

ただ、この3600形(1982~89製造)についても廃車こそまだないものの、何時まであるか分からない。3500形(1972~82製造)も同様である。余裕を見て押えにかかった方が良いかも知れない。

関東の鉄道は総体的に新陳代謝が早い、この京成はその中でも緩やかな方ではあるが。 この後は、いさご通り街角ミュージックに2日続けて出向いたのであった。 その次の週末、「ぶらり川越号」が651系で運転されるというので、南古谷~川越間に行ってみた。

205@kwg01

651の露払としてやって来たのは、埼京線用0番台として唯一残るハエ28編成だった。これには小生もビックリ!単純計算で言えば1/32の確率、それがいきなり来たのだから。 でも、何故205系が1本だけ残されたのか…? E233系7000番台に新型ATS 対応化工事を施す予定の為、施工中の予備車として残った様である。

651@kwg01

実はコレ、ぶらり川越号として川越に到着した後の南古谷への回送時のショットである。
ケーブルが酷く目立つ!白い車体では思いっきり目立つ!予想以上に酷かった!
映り込み過ぎやって!犬走りにでも埋めときいや、ホンマに!
651系と言えば、JR 東日本が最初に生み出した特急車だが、2013年3月から活動休止になった後、一部は1000番台として高崎線関係に回った。
E653系が日本海側に回ったので、常磐線絡みの波動運用は651系の仕事となった。 651系の存在感と川越線の貧相な感じがミスマッチを起こしている様に思うのは小生だけだろうか?
10両編成の通勤電車が行き交っているとは雖も、川越線は所詮ローカル線でしかない様に見えるのであった。
川越を後にしたのは午前10時過ぎ、これで帰るのは勿体無い!てなわけで、大宮公園~大和田間に移動して野田線(アーバンパークラインというのは意味不明ww)を少し狙ってみた。


tb634@owd01

この日は土曜という事もあって、スカイツリートレインもやって来る。

tb66608@owd01

導入開始から約2年、ここにきて60000系が一気に増殖ペースを上げている。野田線所属編成数は43本だが、このまま行くと夏頃には半数に達する模様。10050系も存在するので、8000系の過半数割れは時間の問題となる。
この時も8000系60000系が半々という感じであった。つい最近まで野田線が8000系の牙城だったのに、それが今や恰も遠い昔の様にも見える?
それこそ、早ければ来年の今頃は野田線8000系ラストランなんて言う話題が出ているかも知れない。
新陳代謝を敢行する時のこのスピード感ww、関西や中京の御仁達には理解出来まいwww


何回試し斬りしたら気済むねん?、という感じだが、Part 3 に続く!



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Mar. 2015)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。



当サイトは各種ランキングに参加しておりますので、画面右側若しくは記事内のバナーをクリック下さい。
御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ   にほんブログ村   にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(PENTAX)へ   にほんブログ村   にほんブログ村 酒ブログ ワインへ   にほんブログ村



写真 ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ