地味だが高い能力で定評のあるドメーヌからの作品を紹介したい。
今回取り上げる Domaine Maume(ドメーヌ・モーム)は Gevrey-Chambertin(ジュヴレ・シャンベルタン)の中でも古典派と位置付けられる作り手だった。この Mazis Chambertin(マジ・シャンベルタン)はそのフラッグシップとして、Maume が所有していた 0.6haの区画から産出されていた。

maumemazis98a先代のBernard Maume(ベルナール・モーム)が大学講師をする傍ら、大伯父から受け継いだこの小さな蔵(畑面積がトータルで4.5ha程)でワインを作っていた。1988年からは息子の一人であるBertrand(ベルトラン)が参加する様になるが、それでも相変わらず職人気質な極めて古典的な手法でワインを作っていた。
しかしベルトラン・モームは何せ7人兄妹という訳で、このドメーヌにも相続絡みでのややこしい問題が発生。結局は2012年に売却されてしまった。(註1
ただ尤も、ブルゴーニュやローヌ等の中小規模生産者が多い所では、たとえ秀逸なドメーヌであっても相続がネックになって閉鎖や売却を強いられるケースは多い。
売却後の新しい経営体制の下ではlutte raisonnée(リュット・レゾネ 註2)を導入する等の路線変更も進んでいる様である。
この1998年のワインは言うまでも無く、父と息子で作っていた時代の物である。


先ず色についてだが、クリアだがやや暗めのガーネットで均一。
クラシックなブルゴーニュの醍醐味を見せてくれるかとの期待もこの時点では高まる。
リコリス、枯葉苺、ラズベリー、Fraise des bois、クランベリー、赤スグリリエージュシロップ黒文字、丁子、シナモン、ビターチョコ、Frenet 系リキュール焼きたてのバゲット、カラメルデーツブルーベリー、といった辺りのエレメントが拾い出せる。

ところが、香味がそこからなかなか広がらない上にタンニンがやや突出気味。酸にキレと迫力が今一つでフラットな出方をするので、少々間延びして感じる。
1998VT のブルゴーニュにはありがちな傾向ではあるが、ボディそのものが茹で小豆的なのか?

それでもかなりの時間を経て漸く、上質な出汁の様な溶け込み感が感じられるようになって、各要素も綺麗なマッチングをみせて、そして梅酒の様なタッチが出て来る。アフターもそれなりに長い。
しかし、総体的には「微妙にして大事な一押し」という所が僅かずつ欠けている様に思えた。グランクリュのクオリティとしては少々物足りなかったか?

Les Meilleurs Vins de France 的な感じで点を付けるとするなら… 17.5 / 20



註1)買収者はカナダ出身のPascal Marchand(パスカル・マルシャン)
ブルゴーニュでも幾つもの有名ドメーヌで指揮を執った世界的に有名な醸造家の一人。
註2)2004年、フランスで正式に導入された減農薬農法で、英語訳するとsustainable になる。必要があるとされた時にのみ、制限内での農薬使用が認められるが、103項目の指示書による規定に添わなければならない。




当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも



写真 ブログランキングへ