前記事でアイルランドの事にも触れたので、最近味わったアイリッシュ・ウィスキーのネタを行ってみたい。
ここ2~3年の間にアイリッシュ・ウィスキーが持て囃される様になったという話は以前にうp したが、小生としては実の所、そこにやや懐疑的な部分もあった。
最近でも25年クラスのモルトウィスキーが3万オーヴァーの価格帯で売られていて、それも結構売れた時期もあった。そういうボトルに対しての評価も一応に高いが、その中では「南国フルーツ」だの「非常にフルーティー」といった一寸聞き飽きた様な言葉が踊る。
この様な背景の下で小生は、アイリッシュのモルトから90年代初頭蒸留・20年オーヴァーの高額品と、近年デビューした蒸留所のショートエイジの物、2本の対照的なボトルを立て続けにある程度じっくりテイスティングする事が出来た。


teeling21y571a  wstcor10y573a

先ずは左画像のボトルから、
Teeling Vintage Reserve 1991 21yo 57.1% bottled for Bar Main Malt and Bar Campbelltoun Loch


今や3万越えどころか4万近くまで相場が上がっているTeeling Vintage Reserve のモルトウィスキーだが、これは2013年のボトリングなので、現在よりは価格も安かったと思われ、当時の実勢価格を推測すると18000円位だったのだろうか?
因みに、この時sa-4、sa-5 という2つの樽がそれぞれボトリングされたが、こちらはsa-4 の方である。
色はゴールド
少々のスモーキー感と土っぽさから始まり、夏の川原の様なやや蒸れた様なニュアンスのある蒼い草叢の感じ、オイリーさとエステルが顔を覗かせる。その後はカスタードクリーム、ヴァニラ、蜂蜜煎りたてのカカオBénédictine という辺りが出てくる。そして、期待通りの展開が…
パパイヤパッションフルーツグアヴァライチパインという南国フルーツが一気に出てくる、が、そこからの展開が今一つパッとしない
パッションライチパインという要素が突出して支配的になり何処か単調になってしまって、そこから中々脱出出来ずに他のエレメントが拾い出せなくなる。バーテンダー氏と話をすると、この手のアイリッシュに共通した傾向らしい。
それから時間が経って漸く黄桃加熱した洋梨、更には微かにマスカットグレープフルーツシナモンという所が拾い出せた。
味の長さという部分は一応十分なのだが、アフターに掛けての迫力が思った程ではなかったか。


酒としてのレベルは高いというのは確かだが、実際味わうと残念な部分も目立つ(T_T)
スコッチのモルトと比べると何処か垢抜けず、大きく展開出来ずやや単調になりがちというが現実なのだろうか? スコッチに水を開けられている様に見える。


スコットランドとアイルランド、気候風土は少し違うが、それだけでそんなに差が出るのだろうか?
やはりアイルランドの近現代の歩み、そしてアイリッシュウィスキーの苦難の歴史にそのキーがあるのではないか?
イギリスからの圧政に始まり、独立戦争、内戦、北アイルランド問題…、そういう中で経済の低迷が幾十年も続いた20世紀、その中でウィスキー産業も低迷と縮小を余儀なくされた時代が長かった。1920年代から減速が始まり、第2次世界大戦後アイルランドが完全独立を果たしても、上昇する事は無く低迷から抜け出すのは結局1990年代末まで待たなければならなかった。


これに対し1940年代からウィスキーの代名詞的存在として世界中に幅を利かせたスコッチにおいては、色々な改良や技術革新を積み重ねて1960年代終盤から70年代前半位に一つのピークを迎えた。その後1980年代の暗黒時代を経ても、その方向性と内容の是非は別として色々な意味での進歩を続けて今の隆盛がある。

60・70年代のアイリッシュにだって素晴らしいボトルは勿論あったが、総体的にはその進歩のペースは遅々としたものにならざるを得なかったのではないかと考えられる。そういう所からアイリッシュとスコッチで格差が生じたとしてもおかしくない。




右画像=WEST CORK Irish single malt whiskey 10yo single cask 57.3%
新進気鋭のWest Cork(ウェスト・コーク)蒸留所から遂に出されたシングルカスクで度数調整も無し。この蒸留所はDenis MacArthy・Ger MacArthy・John O'Connell の3人によって2003年にスタートした小規模な所謂クラフト・ディスティラリである。(実はKilbeggan=キルベガン蒸留所の再スタートより早かった事になる)
アイルランド南部の主要都市 Cork(コーク)から南西に80km位行った所で同島でも南の端というべき所にあるらしく、ウィスキーと平行してジン・ウォッカ・ポティンも作っている。


結論から言うと大した事ない。フルーティーさはあまり感じられないが、その反面シリアル系のフレーヴァー及びカラメル、柑橘、カスタード等の風味が目立つ。まだ荒削り感が強いが、実勢価格が3500~4000円程度という事を鑑みれば、それなりに妥協の出来る物なのであろう。

前にも述べた通り、今世紀に入ってアイルランドでも新進気鋭のウィスキー蒸留所が続々誕生しているが、ウェストコークもその一つ。失われた年月を取り戻すべく反転攻勢に出たアイリッシュ、その新時代の旗手に名乗りを挙げんと奮闘するこの蒸留所の歩みのマイルストーンとしては意義のあるボトルだと考えるべきなのであろう。
将来、15・20・25年等という中~長熟のボトルが出てくれば、どんな物になるかというのは興味深いというだけでなく、それらも新たに重要なマイルストーンとなって行くであろう。アイリッシュがウィスキーの元祖として復権して行くにはまだまだ歳月を要するのは間違いないが、スコッチがかなりチャラくなってきている今だからこそ十分に勝機はある。




当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ