Charles Joguet(シャルル・ジョゲ)は旧ブログ時代にも取り上げた事のある作り手だが、その時の物とはヴィンテージこそ同じだが別のキュヴェ。ロワール渓谷(Val de Loire)を代表する赤ワインのChinon (シノン)でもトップを争う作り手
ここのChinon は畑毎に違うキュヴェとして造られているので、何と最大で8種類も存在する。
この1997年を以てシャルルは引退し、ドメーヌは彼をサポートしていた者達に引き継がれた。1957年に芸術家志望だった彼が父の死と共にその夢を捨て、ドメーヌを引き継いでから丁度40年に当たる時だった。
参照記事=Chinon Clos de la Dioterie 1997


joguet97cvert01このラベルを見ると、Chêne Vert という名の通り、緑の楢の木がデザインされているのが判る。

それはともかく、先ずワインの色だが…
艶と透明感のあるガーネット、深さは中程度

拾い出せた要素を挙げて行くと
焼きたてのバゲット、リコリスArmagnacスミレ野薔薇
苺、ラズベリー、クランベリー、スモモ、コケモモ、ルイボスティー
その後微かにトリュフ、マッシュルーム、乾燥きのこ類
追加的にイタリア系薬草リキュールブラックベリー、ブルーベリーナツメグ、シナモン、オールスパイス、セミスウィートチョコ

如何にもこの作り手らしいエレメントのラインナップ。赤い要素が多い。そして、上質なお澄ましの様な旨味の出方。
 
味わって行くとこのワインの主役は何と言っても酸だと気付く事になる
その酸に透明感と深度があり、尚且つ滑らかで力も感じさせる上で、このワインのシームレスな躯体を纏めている。各要素の溶け込み方のバランスは素晴らしい

アフターにかけての盛り上がりは控えめだが、伸びはそれなりにある。
 
Les Meilleurs Vins de France 的な感じで点を付けてみると… 17.5~18 / 20

購入したのは15年近く前だったと記憶しているが、これが3000円台で買えるなら誰も文句は言わないであろうが、今となってはさすがに無理である。



当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ