ももちんこと福永桃子嬢のネタも遂に最終回、 黒桃 の若き女社長もそこは乙女、仕上げとしてはやっぱり風船で囲む

fukumomo041


手前側のバルーンと彼女の足の入り方が中途半端だったかも知れない。これでも悪くは無いと思うのだが、もう少しだけワイドにして爪先付近まで入れられたら良かった筈である。
35mmという単焦点を使っての撮影だった為、画角の自由が利かない。スタジオシェアでスペースが少なく、立位置も限られる。
一部のショットだけでもズームを使うべきだったが、当時所有していたSIGMA の17-70mm f2.8-4.5 は使う気にならなかった。旧世代でもショボいレンズではないが、単玉のDA 35mm f2.4 には少々譲る。
小生がDA Star 16-50mm を中古で購入したのはこの後約3ヵ月後だったのである。(こちらはStar というだけあって描写力はしっかりしていると思う)


fukumomo042  fukumomo043

左画像=顔の小ささが良く判る
右画像=風船抱えてそんな目で見られると… という感じ?


fukumomo044  fukumomo045

最初のショット同様に長い髪を左肩に寄せてのショット=つまり横位置から縦位置に変えただけだが、ポップでキュートなバルーンと一寸した色っぽさの対比が堪らない。これはさすがにティーンの娘には出せない味であろうか?

fukumomo046  fukumomo047

囲む+抱かせる→本当に華やかで可愛らしい
普通に持たせるだけでもカワイイが、ボディに抱かせる方がもっと良いか?


fukumomo048  fukumomo049

終了間際に駆け込みでオレンジの風船を膨らますショット。顔が一部影で隠れてしまうのはご愛嬌
今更ながら、カワイイ~ったらありゃしない
でも影が上手く消せなかったのは残念~っ!


そして毎度御馴染だが、終了後にプレゼントしたのはローズピンクイエロー、その際一寸した工夫をして渡すのだが、それを手にした彼女も超可愛かった。

その後は急いで撤収。小道具類をケースに詰込み、機材類も大急ぎでしまい、階段を数往復して全て搬出。その簡約15~20分程度だったか。
その日は先ず午後、町田のミュージックパークのステージに足を運んで、そこから車を飛ばして夕方このスタジオに移動しての撮影だった。かくして、超大変でも贅沢な土曜は終った。


余談だが、小生が EF210 (Eco Power 桃太郎)を "ももちん" と呼ぶ様になったのはこれがきっかけある。
ただ、貨物ネタは先行のスジ(汲沢芽衣子嬢)で使ってしまったので、彼女に充てる事が出来なかったのは結果論としてしくじりだったか?


Oct. 24th, 2015 Pulchra撮影会 at Studio Coucou (江東区高橋)
PENTAX K-3+smc DA 35mm f2.4 Profoto B1(レンタル)使用





当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ