溜めてしまったモデルちゃん関係ネタ、そのストックの消費期限が過ぎない内に消化してしまいたいので、又かと思われるかも知れないが、そこは何卒彼女の美しさに免じて御許し賜りたい

今回取り上げる彼女の名は、福永桃子(ふくなが・ももこ)
ファッションブランドで Black Peach (ブラック・ピーチ) というのがあるのだが、実はその社長が誰あろう彼女

先日アップした汲沢芽衣子 嬢の10分後の続行のスジとして(曝)彼女を迎え入れた。
彼女の出身は宝塚市なので、この日は2名続けて関西出身者と対峙した事になる。
この日は2人分の撮影だったので、お互いのネタが一部を除いて被らない様に気を遣った小生であった。


fukumomo001  fukumomo002

ここで早速フィーチャーしたのは
Glenfarclas Family casks 1991 20yo 56.9% for Shinanoya and Highlander Inn Tokyo
実はコレ、旧ブログ時代に紹介したボトルでもある(記事はこちら
購入時におまけで付いて来たバータオルも添えて、Glenfarclas をアピール
小生は2本購入したのでタオルも2枚ある。


fukumomo003  fukumomo004

1991年と聞いて、彼女は「私と同い年や」という言葉を放った。全然意図した事ではなかったが、所謂バース・ヴィンテージでこの絵を飾る事が出来た。

このボトルを購入した5年前の相場は安く、この20年クラスのFamily Cask が12000円程度で購入出来た(当時の相場からしても安いが、これには一寸した訳もある…)
それから5年を経た2017年、今月リリースされた2005・11yo 秩父ウィスキー祭記念は15000円に達する
去年後半から若干落ち着きを見せてきたとはいえ、恐ろしい高騰は続いている。



fukumomo005

横位置の絵も撮ってみた、しかもやや見下ろし気味のアングル。オリジナルタオルはチェアの座面に置いてみた。
タオル2枚を4箇所で縫い付けて1枚の様に繋げてあるのだが、このタオルとロゴを上手く入れようとするとなかなか上手く行かない。

fukumomo006

彼女当時24歳だったが、かなりの酒好きで、頻繁に飲み歩いている様である。そんな彼女でもこんなボトルがあった事は知らなかった様だ。(知ってたらそれはそれで怖っ
社長にはこんなモルトも似合うという事で…



次はどんなネタが飛び出すか? そこはPart 2 でのお楽しみという事で


Oct. 24th, 2015 Pulchra撮影会 at Studio Coucou (江東区高橋)
PENTAX K-3+smc DA 35mm f2.4 Profoto B1(レンタル)使用





当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ