Dufftown 街角ミュージック

穏健リベラルの波とマイナーパワーがこの世を救う

2016年9月、FC2 から移転。
Blairfindy1号2号から大文字左京(だいもんじ・さきょう)に改名しリスタート
旧名義の画像が混在しているのは御了承願いたい

記事並び画像の無断使用転載はこれを固く禁ず!
画像をクリックすると大きな画像が出る。

Springbank 1990-2008 17yo 51.5% O.B. for Springbank Society

去年秋に大阪市内で頂いたボトルの話になる。知る人ぞ知るボトルか…

bank17y515n1
 
Springbank 蒸留所の会員組織Springbank society 限定ボトル

これはrefill Port hogshead 、つまり、Port pipe (ポートワイン熟成用の500リットル程の樽)を組み替えて作ったhogshead (小樽)の2番樽での熟成。
色はやや赤みを帯びている一寸暗めのアンバー。 言うまでもなく薄化粧のポート感
そこから、チョコレート黒レーズン、ブラックチェリークランベリー
Springbank によくある味わいがポートのキャラクターに挟まれる形で、やや窮屈に存在している形ではある。それでも、横方向に円形に広がる麦感の様、所謂ブリニー(briny)さ=塩辛さも相俟って、如何にもこの蒸留所という佇まいを演出する。
全体像としてはポートで始まりポートで終わる感じになってしまうが、諄さを見せず、又浮く事無く、モルトの味と融合はしている。 余韻はmedium long というレベル。
総体的には非常に良く出来た酒ではあるが、訴求力といった様な所には欠ける気がする。

Les Meilleurs Vins de France 的な感じで点を付けるなら、17.5/20




※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Mar. 2014)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

コイツは最優秀歌唱賞www

物事は見様取り様で、色々変るというのはあるが。 この車、一見魔改造には見えないが、色々な経緯を考えると一種の魔改造と解釈出来てしまう。 そいつの名は 西武9000系

sb9001@irmgw01
(2012年8月 仏子~元加治間で入間川を渡る所)

最初は 101系 の走行機器+ 2000系(Ⅱ) に準じたボディという形でデビュー。この時点で 101系 の魔改造的な匂いが少々しているとも言える。
その後、走行機器を20000系と同じ物に差し替えてVVVF 化、ヘンテコなマークで環境に優しい事を徒にアピールする様になる。 そして室内に目を転じるとドア上の電光掲示は6000系と同じ物が付いている。
外見的に変ったのはパンタと床下機器の一部という程度だが、いろいろいじくられて、知らないうちに魔改造のレベルに達してしまったと言えなくもない。しかも西武一般車のメドレーリレーみたいでもある。


実際コイツに乗ってみると、発車時に何や?という事が起こる。それは 101系 20000系のメドレーが聴けるという一回で二度おいしい様な話であるww。ドアが閉まって間髪入れず 101系の懐かしい音 がする、と思ったら、直後に20000系無機質なVVVF サウンドで発進して行く。そのギャップの激しさに小生も爆笑してしまう。
という事で… 西武9000系 が、 輝く!日本魔改造大賞 特別賞&最優秀歌唱賞を受賞する事となったwww
受賞曲は勿論…、101 / 20000メドレー(曝

 
sb9107@toko01
(秋津~所沢間のあのカーブにて)

実は西武最後の「 黄色い電車 」はこの 9000系 なのである。とても西武とは思えない出で立ちの車が幅を利かせて来ている昨今ではあるが、 西武カラー を一日でも長く残して頂きたい。



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Mar. 2014)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

これでも最優秀新人賞ww

今こそ世界にアピールすべき日本の精神性といえば、
BA・I・GA・E・SHI、倍返し! DO・GE・ZA・SHI・TE、土下座して! RO・KU・DE・NA・SHI、ろくでなし!
…違う!違う! MA・KA・I・ZO・U、魔改造!
この魔改造、日本古来から根付く精神の一つとして、鉄道文化にまで根付いておる!ww
日本人の鉄道車両に対する思い遣りは、旧い車両でも徹底して使い倒すべく魔改造という形になり現れているwww。
という事で…、2013年の 輝く!日本魔改造大賞、最優秀新人賞 は何を隠そう、コイツや!


ct7902@sng02
 
秩父鉄道7800系
1000系を抹殺すべく導入され、乗客の少ない影森~三峰口間の区間運用を念頭に置いて2連で登場した。とはいうものの、コイツのメインステージになる筈の?影森~三峰口間は2月14日の大雪の為不通が続き、再開の見込みは立たず、代行バスになっているw


因みに、三峰神社付近では積雪が340㎝に達したらしく、22/23日に予定されていた1000系1010F 引退記念イベントは、我々の切なる願いも虚しく早々と中止が決定し、最後の雄姿を見せることなく廃車となってしまったorz。

この7800系、秩父側の区間運用を念頭にと言いながら、既に第4編成まで竣工しているので、コイツが他の3連車を押し退け主力に成り上がる事を懸念せざるを得ない。
利用客の減少を想定して、近い将来全線で2連運行主体に切り替えるというジリ貧的な意図が透けて見えるのである。
導入早々、勾配を上るのに失敗して運用離脱を余儀なくされたというプチ伝説を作り、結局他に候補はおらず、自動的に満票での受賞となったwww


ct7902@sng01

画像は2枚とも新郷駅西側のストレートでのものだが、1枚目は羽生へ向かうところをケツ持ちで、それが折り返してきたところを撮ったのが2枚目という事である。 当然狙い目は1000系だったのだが、その外道として撮れてしまうというのが本当の所である。
デハ側(羽生側)から撮れれば、まだ救いがあるが、このクハ側(三峰側)からだとどうしようもない。

秩父鉄道の場合、片方の先頭は必ずMc 車になるが、同じ東急8090系を種車としながら、7500系7800系ではMc 車の向きが異なる。 1000系7500系はMc が三峰を向き、5000系6000系7800系は羽生を向く。7000系は両端がMc であり、この不統一は一体何なのかと思ってしまうのは私だけだろうか?




※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Feb. 2014)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

Chinon Clos d’Isoré 1995 Jean Maurice Raffault

raffault95chinon01nChinon(シノン)を含めて、ロワール渓谷(Val de Loire)の赤ワインに熟成というイメージを持たない御仁は多かろうが、熟成させてから出荷する蔵も意外と多いのである。無論、ある程度の年数の熟成に耐えてそれなりの結果を出せるワインを作っているからこそ、そういうやり方も出来るのである。

色は綺麗であまり濃くはないが、僅かにルビーを残すガーネット
スミレサワーチェリー、ラズベリーブラックチェリー、ブルーベリー、プルーン土、乾燥きのこ、枯葉、リコリス、クローブ、シナモンといった辺りの要素が見て取れる。 最初は新緑の草みたいな香りも目立ったが、時間経過と共に消えた。
口蓋内では酸が目立ち、タンニンもやや収斂性を以て感じられたが、時間と共に果実味が控え目ながらその存在を明確に見せる様になり、肉付きはあまり感じられないものの、心地の良いバランスを取れる様になる。


更にその後、収斂性は無くなり少し出汁の効いた感じが出る様になり、梅酒の様な舌触りも見せる。 余韻はmedium long というレベルだが、かなり堅実なワインである。リーズナブルな価格で楽しめるなら、文句はない。
Chinon、Bourgueil、Saumur-Champigny といったロワール優秀な
Cabernet Franc のワインを侮ってはならない。


Les Meilleurs Vins de France 的な感じで点を付けるなら…、17.5/20

ここ最近、バックヴィンテージのストックを、それなりという価格で放出する蔵が増えている。その中には90年代や80年代のヴィンテージもある。これだけなら我々にとっては非常に助かる話ではある。
ただこの背景として、2010年以降フランスの各産地で遅霜や雹害等の不順な気象現象が多発して、収穫量の減少が続いているという事がある。もしこの状況が続くと、資金繰りの為に旧いストックを出せる所はまだ良いが、それが出来ない生産者では倒れる所が続出する可能性もある。



※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Feb. 2014)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

イタリアボトラー大集合・番外編 スターになれない定めだった奴ww

mstw17sesn02Mosstowie 17yo 66% Sestante

派手目で主張が強い中にも僅かにポップなテイストを入れたこのラベルデザイン、地色もマゼンタ被りではなく、元々淡いピンクなのである。
Mosstowie なんていう恐ろしく地味な酒を派手な見た目のボトルに入れてあるという一種のアンビバレンスww
80年代前半のリリースと思われるので、蒸留は60年代中期位か?


色はアンバー 微妙なエステル感から入り、薄いシェリー感、樽は2nd fill Sherry の様である。
シナモン、ホワイトチョコ、杏、洋梨と出て来て、エステル感からトロピカルフルーツ感が出る。そこにアーモンドクリームが加わって、少々フルーツタルト的なニュアンスになる。カスタード(クレームブリュレ)にアップルパイ。
何せ、66%という度数ではアルコール感は爆裂であるが、このアルコールに引っ張られるようにしてモルト感が出て来る。そして、何故か塩っぽさまで感じられる。 ただ、少々緻密さには欠けるきらいがあり、フィニッシュにかけての伸びやかさも期待値に届かず、余韻もmedium long という程度。


Les Meilleurs Vins de France 的な感じで点と付けるなら…、17.5/20

非常に乱暴な見解ではあるが、スターになれない所詮日陰の存在でしかなかったその理由がどことなくでも分る気がした。

今更説明するまでも無い事とは思うが、Miltonduff 蒸留所には嘗てローモンドスティルが設置されていて、このスティルから作られたモルトがMosstowie だったが、1981年で生産終了し通常のスティルに置き換えられた。
Miltonduff は、Glenburgie 同様、あまり派手ではないものの、高く評価される実力派の蒸留所(両者ともBallantine's の主要原酒)。 因みに、Glenburgie にあったローモンドスティルからはGlencraig が作られていた。MosstowieGlencraig 共々実験的な存在から出られず、あまり陽の目を見ずに終わった理由としては技術的な部分と蒸留所の置かれた状況の変化の両方があると言える。
ローモンドスティル(Lomond still)はHiram Walker(1937~88年までは Ballantine’s の親会社)の技術者だったAllistar Cunningham によって1955年に開発された。一つの蒸留所で複数種類の異なるタイプのモルトを自在に作り分ける技術の開発の為だったといわれる。 ネックの部分が太い円筒になっているのが特徴で、その中に角度可変式の棚板が複数段存在し、ラインアームも角度可変になっている。
ローモンド・スティルはその名の通り、Loch Lomond は言うに及ばず、Inverleven にも設置されたが、1基は後にScapa に移され初溜釜になり、Inverleven にあった1基は2010年にBruichladdich に渡った。




※ この記事は旧ブログからの移転記事につき、旧ブログにてアップされた時点(Feb. 2014)での事実関係に基いて書かれているので、現在の事実関係とは大きく異なる場合があっても何卒ご了承賜りたい。

画面右側の各種ランキングに参加しております。御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。
プロフィール

大文字左京

FC2 より移転

本務機
PENTAX K-3 Ⅱ
SIGMA APO 70-200mm f2.8
SIGMA APO 120-400mm
SMC DA☆50-135mm f2.8
SMC DA☆16-50mm f2.8
SMC DA35mm f2.4
SMC DA14mm f2.8
その他

ランキング参加 1
ランキング参加 2
ランキング参加 3
ランキング参加 4
最新コメント
記事検索
livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ