Dufftown 街角ミュージック

穏健リベラルの波とマイナーパワーがこの世を救う

2016年9月、FC2 から移転。
Blairfindy1号2号から大文字左京(だいもんじ・さきょう)に改名しリスタート
旧名義の画像が混在しているのは御了承願いたい

記事並び画像の無断使用転載はこれを固く禁ず!
画像をクリックすると大きな画像が出る。

2 Irish Malt Whiskeys ~アイリッシュ、本当はどうなんだ~

前記事でアイルランドの事にも触れたので、最近味わったアイリッシュ・ウィスキーのネタを行ってみたい。
ここ2~3年の間にアイリッシュ・ウィスキーが持て囃される様になったという話は以前にうp したが、小生としては実の所、そこにやや懐疑的な部分もあった。
最近でも25年クラスのモルトウィスキーが3万オーヴァーの価格帯で売られていて、それも結構売れた時期もあった。そういうボトルに対しての評価も一応に高いが、その中では「南国フルーツ」だの「非常にフルーティー」といった一寸聞き飽きた様な言葉が踊る。
この様な背景の下で小生は、アイリッシュのモルトから90年代初頭蒸留・20年オーヴァーの高額品と、近年デビューした蒸留所のショートエイジの物、2本の対照的なボトルを立て続けにある程度じっくりテイスティングする事が出来た。


teeling21y571a  wstcor10y573a

先ずは左画像のボトルから、
Teeling Vintage Reserve 1991 21yo 57.1% bottled for Bar Main Malt and Bar Campbelltoun Loch


今や3万越えどころか4万近くまで相場が上がっているTeeling Vintage Reserve のモルトウィスキーだが、これは2013年のボトリングなので、現在よりは価格も安かったと思われ、当時の実勢価格を推測すると18000円位だったのだろうか?
因みに、この時sa-4、sa-5 という2つの樽がそれぞれボトリングされたが、こちらはsa-4 の方である。
色はゴールド
少々のスモーキー感と土っぽさから始まり、夏の川原の様なやや蒸れた様なニュアンスのある蒼い草叢の感じ、オイリーさとエステルが顔を覗かせる。その後はカスタードクリーム、ヴァニラ、蜂蜜煎りたてのカカオBénédictine という辺りが出てくる。そして、期待通りの展開が…
パパイヤパッションフルーツグアヴァライチパインという南国フルーツが一気に出てくる、が、そこからの展開が今一つパッとしない
パッションライチパインという要素が突出して支配的になり何処か単調になってしまって、そこから中々脱出出来ずに他のエレメントが拾い出せなくなる。バーテンダー氏と話をすると、この手のアイリッシュに共通した傾向らしい。
それから時間が経って漸く黄桃加熱した洋梨、更には微かにマスカットグレープフルーツシナモンという所が拾い出せた。
味の長さという部分は一応十分なのだが、アフターに掛けての迫力が思った程ではなかったか。


酒としてのレベルは高いというのは確かだが、実際味わうと残念な部分も目立つ(T_T)
スコッチのモルトと比べると何処か垢抜けず、大きく展開出来ずやや単調になりがちというが現実なのだろうか? スコッチに水を開けられている様に見える。


スコットランドとアイルランド、気候風土は少し違うが、それだけでそんなに差が出るのだろうか?
やはりアイルランドの近現代の歩み、そしてアイリッシュウィスキーの苦難の歴史にそのキーがあるのではないか?
イギリスからの圧政に始まり、独立戦争、内戦、北アイルランド問題…、そういう中で経済の低迷が幾十年も続いた20世紀、その中でウィスキー産業も低迷と縮小を余儀なくされた時代が長かった。1920年代から減速が始まり、第2次世界大戦後アイルランドが完全独立を果たしても、上昇する事は無く低迷から抜け出すのは結局1990年代末まで待たなければならなかった。


これに対し1940年代からウィスキーの代名詞的存在として世界中に幅を利かせたスコッチにおいては、色々な改良や技術革新を積み重ねて1960年代終盤から70年代前半位に一つのピークを迎えた。その後1980年代の暗黒時代を経ても、その方向性と内容の是非は別として色々な意味での進歩を続けて今の隆盛がある。

60・70年代のアイリッシュにだって素晴らしいボトルは勿論あったが、総体的にはその進歩のペースは遅々としたものにならざるを得なかったのではないかと考えられる。そういう所からアイリッシュとスコッチで格差が生じたとしてもおかしくない。




右画像=WEST CORK Irish single malt whiskey 10yo single cask 57.3%
新進気鋭のWest Cork(ウェスト・コーク)蒸留所から遂に出されたシングルカスクで度数調整も無し。この蒸留所はDenis MacArthy・Ger MacArthy・John O'Connell の3人によって2003年にスタートした小規模な所謂クラフト・ディスティラリである。(実はKilbeggan=キルベガン蒸留所の再スタートより早かった事になる)
アイルランド南部の主要都市 Cork(コーク)から南西に80km位行った所で同島でも南の端というべき所にあるらしく、ウィスキーと平行してジン・ウォッカ・ポティンも作っている。


結論から言うと大した事ない。フルーティーさはあまり感じられないが、その反面シリアル系のフレーヴァー及びカラメル、柑橘、カスタード等の風味が目立つ。まだ荒削り感が強いが、実勢価格が3500~4000円程度という事を鑑みれば、それなりに妥協の出来る物なのであろう。

前にも述べた通り、今世紀に入ってアイルランドでも新進気鋭のウィスキー蒸留所が続々誕生しているが、ウェストコークもその一つ。失われた年月を取り戻すべく反転攻勢に出たアイリッシュ、その新時代の旗手に名乗りを挙げんと奮闘するこの蒸留所の歩みのマイルストーンとしては意義のあるボトルだと考えるべきなのであろう。
将来、15・20・25年等という中~長熟のボトルが出てくれば、どんな物になるかというのは興味深いというだけでなく、それらも新たに重要なマイルストーンとなって行くであろう。アイリッシュがウィスキーの元祖として復権して行くにはまだまだ歳月を要するのは間違いないが、スコッチがかなりチャラくなってきている今だからこそ十分に勝機はある。




当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

元々がテロ銀座?

イギリスでは今年に入っても相変わらずテロが連発しているが、若い世代はイギリスでのテロ連発はここ10年程度の事と思っているかも知れないが、それは正確ではない。

今や世界の監視カメラの20%がロンドンにあるという様に、イギリス自体も2008年の金融危機を経て監視ビジネスを新たな基幹産業にして今度はそれで食って行こうと目論んでいる感がある。ただ、2012年のオリンピックから急にテロが増えた訳でも、監視産業が拡大したわけでもない、五輪はあくまでもスロットルに過ぎないと考える方が妥当であろう。



イギリスといえば大英帝国といわれた時代から、世界中に植民地を作り、近世~近代にかけての世界分割でも中心的な役割をしていた。中近東からアフリカにかけて不自然に直線的な国境線が多いのもそのためである。
ロンドンといえば今でも人、モノ、カネが世界中から集ってくる所である。更にはムスリムのコミュニティも大きい、島国とは言ってもヨーロッパ大陸からドーヴァー海峡を渡れば直ぐである。
これだけでも昔からテロのターゲットとしてはこの上ない所で、歴史から考えれば攻撃の大義には事欠かず、謂わば「テロ銀座」になってしまう下地は昔から幾らでも揃っていたといえる。MI5 辺りが幾ら頑張っても限界があるのは当然である。


テロ=イスラム過激派というのは短絡的過ぎる発想である。
因みに言うまでもない事だが、イギリスはThe United Kingdom of Great Britain and North Ireland が正式名。その後側に付いているNorth Ireland が実は曲者。


1970~90年代にかけての北アイルランド紛争を憶えているであろうか?
我々の世代だと、U2 の超有名曲 " Sunday, Bloody Sunday " (1983 註1)を思い出す筈である。
その紛争で主導的役割を果たしたのが I.R.A. 暫定派(Provisional Irish Repblican Army、the Provos ともいう)であり、1998年のベルファスト合意まで約30年に渡ってイギリス国内の彼方此方でも数え切れないほどのテロを起しまくった集団である。
1972年1月に起きた血の日曜日事件(Bloody Sunday)、同年7月の血の金曜日事件(Bloody Friday)はあまりにも有名でこの紛争と対立の根の深さ、その凄惨さ思い知らせる。
又、ベルファスト合意からI.R.A. の武器放棄までは7年、北アイルランド自治政府の正式な成立までは9年も掛かっている。


テロ組織というと、今でこそイスラム各種過激派を真っ先に思い浮かべるであろうが、その他では今も中南米等に存在する共産主義極左ゲリラ、バスク祖国と自由独立民族組織の様な民族主義系で国家としての独立を目指したものも存在し、多数のテロを起してきた。それこそこの国内でも日本赤軍、革マル派、中核派という名は今でも時折耳にするであろう。
小生の世代だと、嘗てはアイルランド共和軍(Irish Repblican Army=I.R.A.)なんて国際的テロ組織の代表選手の一つだった。


そのI.R.A. が出現したその背景にあるアイルランドの近世以降の歴史は随分悲惨だった。
17世紀にイングランドが侵攻し植民地化、1689年のウィリアマイト戦争を経てイングランドのプロテスタント支配が決定的になる。その後もカトリック教徒達には弾圧と圧政を加え続けたイギリスは、1800年の連合法成立を機に、連合王国という形で完全に併合した。その後1849年のジャガイモ飢饉が起きると、アメリカへの人口流出が激化して当時800万人の人口も1911年には半数に激減した。
18世紀末からアイルランドではイギリス支配からの独立と信教の自由を求めた武力闘争が日常化していたが、ここから20世紀末に至るまで暴力的政治活動がアイルランドの伝統みたいになってしまったのである。


taqryldg473a  bsmlmlt10y43a

左=イギリス(イングランド)名産品代表のTanqueray London Dry Gin(タンカレー・ロンドン・ドライ・ジン)
右=アイルランド名産品代表 Bushmills 10yo Irish malt whiskey(ブッシュミルズ・モルト10年)


やがて20世紀に入ると、1916年に起きたイースター蜂起から、1919年のアイルランド共和国樹立宣言1921年に勃発したアイルランド独立戦争を経て、英愛条約によってアイルランド自由国が成立した。
ただ、この自由国はイギリス連邦内の自治領という形でしかなく、入植したプロテスタントの多い北東部は北アイルランドとしてイギリスに残った事で、分断国家の様な形になってすぐに内戦に突入してしまった。
その後イギリスからの完全独立は1949年(英連邦からの離脱)に達成されたが、島内の分断国家状態は解消されず、今でも英愛条約が不当だとしている人間も多く、21世紀の今でも火種は消えていない
イギリスに虐められ続けて血塗られた時代が長く続いた事によって、経済もヨーロッパ内でも最貧国という時が長く続く破目になった。失業率は非常に高く、マフィアが横行しまくり麻薬汚染も非常に深刻という時代も長かった。



ロンドンを始めとしたイギリスではテロが起き易い下地は昔からタップリあったである。序に言えば、マンチェスターでは21年前にも、UEFA EURO '96 の最中にI.R.A. による大規模な爆弾テロがあったのである。(註2)(註3
イギリス人は悪く言えばテロ慣れしてしまっている様な部分があり、良く言えばテロにそうそう動じないという事だが、これも困ったものである。
イギリスでは前述した1972年の2つの事件を纏めて " The Troubles " と呼ぶ事が多い。こんな異常な程の鈍感さw(にしか見えない)は謂わばアングロサクソン・クオリティなのか。
日本人はイギリスというと直ぐやたら持ち上げてしまう傾向があるが、本当の所はそんなに褒められた国でもない様に思う。




註1)アルバム " War " に収録され、その1曲目である。欧州と日本限定で3枚目のシングルにもなった。
同アルバムにはポーランドの独立自主労働組合「連帯」(=同国の民主化を主導)の事を歌った " New Year's Day " も入っている

註2)1996年6月15日にマンチェスター市の中心部で発生。大型トラックを自動車爆弾として使ったテロだったが、予告電話が警察に寄せられて、周辺が直前に封鎖された事もあり200人の負傷者が出たものの、死者は無かった。このテロについて警察は2006年に立件を断念した。
使用されたのは肥料をベースに作られた爆弾とされ、その量は当初3300ポンド(1500kg弱)となっていたが後に3500kgという説が有力になった。
註3)1996年6月に開催され、優勝はドイツ、準優勝はチェコ。開催国イングランドは準決勝止りだった



当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも



写真 ブログランキングへ

ジンを重連させたマティーニの件 

Martini (マティーニ・マルティニ)といえば犬や猫でも知っている位の超スタンダードカクテルである。基本的レシピとしては、ドライジンとドライヴェルモットを3:1でステアしてオリーブを添えてサーヴする、というものである。

ところがこのカクテル、あまりにも有名すぎて、「何チャラマティーニ」と名がつく派生レシピが星の数程存在してしまっていて、その中には最早マティーニとは到底呼べない様なものも多数あるのである。
そういうスピンオフ的な物の中では昔、横浜の或る店で覚えたスモーカーズマティーニ(ドライジンとアイラモルトを3:1若しくは2:1+Fernet Blanca 1tsp)もお気に入りで、今でも家で作ることがある。


ただそこは偏屈者の小生にとって、マティーニといえばドライマティーニである。ベースとなるのは勿論ドライジンだが、ここ数年でクラフト(ブティックともいう)と呼ばれる小規模生産で非常に特徴をもった品が沢山登場して愛好家を惑わせているww


marconi46gin01  gordon47390s01

以前に取り上げた台湾ボトラーのMiltonduff の件で出てきた名駅エリアのバーでの話(3月)になるが、先ず最初の1杯を如何するかという所でジントニックを選択した。
バックバーに何やら所謂クラフトジンが何本も置いてあったのを見て、ベースのジンは何が良いだろうかと相談したら、左画像のボトルを紹介された。
MARCONI 46(マルコニ46)、名前だけ見ると乃〇坂46の紛い物みたいな名前だが、46は度数を表していて、グラッパでは有名なPOLI (ポリ)社のリリースするドライジンである。日本には本当に限られた数しか輸入されず、なかなかお目に掛かれない代物である。


先ずはそのジントニックを頂く。ジュニパーの主張も強く、且つスパイシーでウッディな要素も目立って全体としてのトーンはやや低めだが、後からハーブ系のテイストも出てなかなかのパンチ力を持ったボディを見せてくれる。
でもそこはイギリス的London Dry な感じではなく、そこはイタリアのグラッパ屋の作品という印象であった。

てなわけでこのジンを気に入った小生としては、これを使ったドライマティーニを頼むことにした。そこでだが、「これだけだと諄くなり過ぎると思われるので、他のジンと合せて使うようにします」とのバーテンダー氏の言葉だった。つまりはジンを重連にするという事なのだ。
彼はバランスの良いとされるGordon(ゴードン)を重連の相手として選択した。恐らくこの両銘柄を1:1で使う様な形で、MARCONIGordon共々25ml、ヴェルモット10mlという感じ(見た目からの推測)でドライマティーニを仕上げてくれた。
(右画像のGordon London Dry Ginは1990年代の物)

実はこれが非常に良く仕上がった予想以上の逸品となったのである
最初温度が低い時点では、マルコニのキャラは奥側から一歩遅れてアフターに向ってジワリと攻めて来るテイストであった。段々盛り上がって広がって行く印象だった。
後に温度が上がってくるとその表情が一変。マルコニの力強さとキャラクター、そしてスピリッツ由来と思われる微かな甘味が前面に出てくる。だが、味わい深さとバランス感は失わない。1杯で2度美味しいこのドライマティーニはそのグレードの高さも見せてくれて満足の行く物となった。
バーテンダー氏は、「カクテルは時間が経って温度が上がっても崩れない事が重要。特にドライマティーニの様な度数の高い物は飲むのに多少時間が掛かるので、そこを意識した」と語ってくれた。


意外な大収穫を得た小生は、帰京後このMARCONI 46 を信〇屋で入手して、ジン重連ドライマティーニを幾つかでも自作してみようと思い立ったのであった。
換言すれば、一つの理想になるマティーニを探す挑戦を敢行する決意が出来たと言う事か?


只今このネタの続編を製作すべく色々実験検証中!



当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

モデル撮影記 十綾乃(つなしあやの) Part 8

十綾乃(つなしあやの)嬢のネタも最終回
ずっと同じポジションだと行き詰まるので、撮影場所を移動しよう思った所で、狭いスタジオの4組シェアでは無理があり、仕方なく廊下に移動してみた
そこで、今回は題して「モデルちゃん、廊下で風船膨らます


dix043  dix044

手にしているのはイエロー
本来はトワエクネタのコーデに活躍する色だが、こういう時に時に使っても非常にカワイイ

dix045  dix046

彼女も相変わらずアゲアゲのご様子 何?風船が羨ましいって…


dix047  dix048

ローピンの風船も膨らむ、女子にはローピンが一番か?
背後に玄関が思いっきり写り込んだのはご愛嬌…、じゃ済まない本当は
PENTAX のフォーカスエリアが狭い事、これが構図作りの自由を奪っている。せめて55点クロス位で端から1/4 程度の所まではカヴァー出来る様になってもらわないと困る。


dix049  dix050

この日は川崎名物「いさご通り街角ミュージック」(#185)からの掛け持ちでバタバタしていた事もあり、初導入の機材の扱いも上手く行かずに手古摺る事も多かった。
機材は実戦的なテスト無しで使おうとすると失敗するリスクが大きい。

最後は彼女にローズピンクルビーの風船をプレゼント!
嬉しそうに受取ってくれる彼女の姿も可愛かった。この時が小生も一番萌えっと来る瞬間だったりする
やり切れなかったネタもあって、総体的には消化不良気味の撮影会になったものの、こんな絵が撮れたからやった甲斐はあったのである。


十綾乃
1984年5月9日、秋田県生まれ 165cm A型 高校時代からモデルとして活動、グラビアやレースクイーンとしても活躍
ゴルフ専門誌「ゴルフトゥデイ」のイメージガールユニット、GT バーディーズの一員でもある。更には歯科助手やスノーボードインストラクターとしての顔も持つ
余談だが、Chase Headley(チェイス・ヘドリー=MLB)、Prince Fielder(プリンス・フィルダー=元MLB)、更には平原綾香と生年月日が一緒(ホンマに余談w)



Pulchra 撮影会@カプリpop 東新宿3C スタジオ Feb. 28th, 2016
PENTAX K-3+smc DA Star 16-50mm f2.8 / smc DA 35mm f2.4
ストロボ2種及びLED ライト使用





当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ

モデル撮影記 十綾乃(つなしあやの) Part 7

一昨日のPart 6 の続き、よって構図は基本的に一緒

dix037  dix038

風船で囲むという絵でも、敢えてコーナーを使うのがイイ! モデルちゃんをこういう狭い角に追い込んでから風船で囲むのが小生の趣味w
相手に座ってもらってから風船を一個ずつ振り掛けるように落としてあげると(超小規模バルーンドロップ?)それだけで喜んでもらえてたりもする。


dix039  dix040

モデルちゃんに一番喜んで持ってもらえるのがローピン。でもオレンジのバルーンでも全然カワイイ!

dix041  dix042

実はこの時、小生のリクエストは体育座りだったのだが、下手すると一寸ヤンキー座り的感じにも蹲踞風にも見える形になってしまった。
ヒールをはいている上にスカートとの関係で体育座りは意外と難しいのであるが、そこは男性である小生には思い付き難い所。


この時点で彼女は既に31歳だったが(この時はもう少し若いと思っていたが…)、モデル暦も長い彼女とは雖も三十路になってこんなに風船で囲まれるとは思ってなかったかも知れない。でも画像を見る限り、そんな事全く感じない位カワイイ!
この下段の絵2点は今回のお気に入り。20歳そこそこ位の娘では出ない雰囲気があるだろう、そこが大きなポイントだったりする。


Part 8 へと続く!

Pulchra 撮影会@カプリpop 東新宿3C スタジオ Feb. 28th, 2016
PENTAX K-3+smc DA Star 16-50mm f2.8 / smc DA 35mm f2.4
ストロボ2種及びLED ライト使用





当サイトは画面右側の各種ランキングに参加しております。 御訪問の序でにその中のどれか1つでもクリックを頂ければ幸いです。

ランキングのバナーはこちらにも


写真 ブログランキングへ
livedoor プロフィール
ランキング参加 1
ランキング参加 2
ランキング参加 3
ランキング参加 4
最新コメント
記事検索
livedoor 天気
楽天市場
  • ライブドアブログ